松園直已

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
まつぞの なおみ
松園 直已
生誕 (1922-07-15) 1922年7月15日
死没 (2011-12-09) 2011年12月9日(89歳没)
日本の旗 日本 神奈川県鎌倉市
職業 実業家
肩書き ヤクルト本社代表取締役副会長
ヤクルト球団代表取締役オーナー
ヤクルト球団相談役特別顧問
関東ヤクルト製造会長
松園尚巳記念財団理事長

松園 直已(まつぞの なおみ、1922年7月15日 - 2011年12月9日)は、日本実業家ヤクルト本社代表取締役副会長ヤクルト球団(ヤクルトスワローズ→東京ヤクルトスワローズ)代表取締役オーナー等を務めた[1]。「松園直」は誤り。

来歴・人物[編集]

長崎県南松浦郡三井楽町出身。双子として出生し、弟はヤクルト本社代表取締役・ヤクルトスワローズオーナーを務めた松園尚巳[2]

教師になりたく勉学に励むが断念。水産業に進む。

後に直已自身もヤクルト本社の経営へ関わるようになり、ヤクルト本社副会長、関連会社である関東ヤクルト製造株式会社(のちの松尚株式会社)会長を務めた。

弟の尚巳は1994年に死亡したが、弟がオーナーを務めたスワローズのオーナーを1998年6月から2003年3月にかけて務め[3]、その後は相談役最高顧問を務めた[3]

また、1991年4月には長崎県内の人材育成や地域振興事業助成の為、松園尚巳記念財団を立ち上げ、2011年8月まで理事長を務めた[1]

2011年12月9日、心不全のため神奈川県鎌倉市の病院[1][2]で死去[4]。89歳没。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]