ラスティ・グリーア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ラスティ・グリーア
Rusty Greer
px
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 アラバマ州デイル郡フォートラッカー英語版
生年月日 (1969-01-21) 1969年1月21日(51歳)
身長
体重
6' 0" =約182.9 cm
195 lb =約88.5 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 外野手
プロ入り 1990年 MLBドラフト10巡目
初出場 1994年5月16日
最終出場 2002年7月11日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

サーマン・クライド・グリーア3世Thurman Clyde Greer III, 1969年1月21日 - )は、アメリカ合衆国アラバマ州デイル郡フォートラッカー英語版出身の元プロ野球選手外野手)。左投左打。

経歴[編集]

1990年MLBドラフト10巡目(全体279位)でテキサス・レンジャーズから指名され、プロ入り。1994年5月16日にメジャーデビュー[1]。この年のうちに左翼手のレギュラーとなり、打率.314を記録した。1996年は打率.332(アメリカンリーグ5位)、41二塁打、100打点を記録して球団初の地区優勝に貢献した。

1999年までの間に4年連続打率3割、40二塁打と100打点以上を3回ずつ記録している。ハッスルプレーが持ち味だったが、その分怪我も多かった。

2003年以降はメジャー出場が無く、2005年に引退した[2]

2007年にはレンジャーズの球団殿堂入りを果たしている[3]

プレースタイル[編集]

打撃は選球眼が良く、左投手も苦にしない。クリーンナップを任されればパワーを発揮し、二番に座ればコンパクトなスウィングで嫌らしい打者に変身する。

守備では打球判断の良さと強肩が光っていた[4]

詳細情報[編集]

背番号[編集]

  • 29(1994年 - 2002年)

脚注[編集]

  1. ^ Texas Rangers at Oakland Athletics Box Score, May 16, 1994” (英語). Baseball-Reference.com. 2019年3月6日閲覧。
  2. ^ 出野哲也『改訂新版 メジャー・リーグ人名事典』言視舎、2013年、161頁。ISBN 978-4-905369-67-7
  3. ^ Rusty Greer selected as 2007 inductee to Texas Rangers Baseball Hall of Fame” (英語). MLB.com (2007年6月21日). 2019年3月6日閲覧。
  4. ^ 「ラスティ・グリーア」『パンチョ伊東のメジャー・リーグMLB選手名鑑2000』ベースボール・マガジン社 139頁

関連項目[編集]

外部リンク[編集]