ディエゴマー・マークウェル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ディエゴマー・マークウェル
Diegomar Markwell
キュラソー・ネプチューンズ #35
基本情報
国籍 オランダの旗 オランダ
出身地 オランダ領アンティルの旗 アンティル自治領シャープワイク(現:キュラソーの旗 キュラソー自治領)
生年月日 1980年8月8日(35歳)
身長
体重
6' 2" =約188 cm
195 lb =約88.5 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 1997年 アマチュアFA
初出場 CPBL / 2007年3月21日
最終出場 CPBL / 2007年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム オランダの旗 オランダ
五輪 2004年
WBC 2006年2009年2013年

ディエゴマー・レイムンド・マークウェルDiegomar Raymundo Markwell , 1980年8月8日 - )は、オランダ領アンティルキュラソー島シャープワイク出身の野球選手投手)。左投げ左打ち。現在は、オランダ国内リーグであるフーフトクラッセキュラソー・ネプチューンズに所属している。

台湾球界での登録名は、「威爾」。

経歴[編集]

プロ入りとブルージェイズ傘下時代[編集]

トロント・ブルージェイズと契約を結びプロ入りした。当時、17歳だった[1]

1997年は、傘下ショートシーズンAのセントキャサリンズ・ブルージェイズでプレーした。この年は、16試合(11試合で先発)登板し、1勝6負、防御率4.96、33奪三振を記録した[2]

1998年も、傘下ショートシーズンAのセントキャサリンズでプレーした。この年は、17試合(5試合で先発)に登板し、5勝3負、防御率5.54、40奪三振を記録した[2]

1999年も、傘下ショートシーズンAのセントキャサリンズでプレーした。この年は、14試合(13試合で先発)登板し、3勝4負、防御率7.58、54奪三振を記録した[2]

2000年は、まず傘下ショートシーズンAのクイーンズ・キングでプレーした。ここでは、14試合(13試合で先発)登板し、4勝3負、防御率3.05、66奪三振を記録した[2]。その後、傘下Aのヘイガーズタウン・サンズでプレーした。ここでは、2試合に登板した[2]

2001年は、傘下Aのチャールストン・アーリーキャッツでプレーした。ここでは、22試合(21試合で先発)登板し、5勝7負、防御率3.87、99奪三振を記録した[2]。その後、傘下アドバンスAのダニーデン・ブルージェイズでプレーした。ここでは、5試合に先発登板し、3勝1負、防御率3.21、26奪三振を記録した[2]

2002年は、傘下AAのテネシー・スモーキーズでプレーした。この年は、28試合(27試合で先発)登板し、13勝9負1セーブ、防御率4.38、101奪三振を記録した[2]

2003年は、傘下AAのニューヘブン・レイブンズ(現:ニューハンプシャー・フィッシャーキャッツ)でプレーした。この年は、28試合(19試合で先発)登板し、5勝7負、防御率7.04、69奪三振を記録した[2]。この年に、解雇された[1]

ブルージェイズ退団後[編集]

2004年には、アテネオリンピックオランダ代表に選出された。この大会以降、オランダ代表の常連となる[1]

2006年3月には、この年から開催される事となったワールド・ベースボール・クラシック(WBC)のオランダ代表に選出された[3]

台湾球界時代[編集]

2007年には、台湾の野球リーグである中華職業棒球大聯盟(CPBL)の誠泰コブラズに入団した。

しかし、成績は奮わず、シーズン途中に退団した。

オランダ球界時代[編集]

2007年シーズン途中に、母国オランダのプロ野球リーグであるフーフトクラッセDOORネプチューンズに入団した。この年は、13試合に先発登板し、9勝1負、防御率1.45、62奪三振を記録した[2]

2008年は、15試合に先発登板し、9勝5負、防御率2.37、51奪三振を記録した[2]

2009年開幕前の3月には、第2回WBCのオランダ代表に選出された[4]

シーズンでは、15試合に先発登板し、10勝2負、防御率1.82、83奪三振を記録した[2]

2010年は、12試合に先発登板し、9勝1負、防御率1.32、54奪三振を記録した[2]

2011年は、13試合に先発登板し、10勝1負、防御率1.71、50奪三振を記録した[2]

オフの9月20日に、第39回IBAFワールドカップのオランダ代表に選出された事が発表された[5]。この大会では、欧州勢としては、1938年大会イギリス代表以来73年ぶりの優勝を果たした。この栄誉を称えて代表24人全員に「サー」の爵位が贈られ[6]、マークウェルにも贈られた。

2012年は、12試合に先発登板し、11勝1負、防御率1.34、62奪三振を記録した[2]

2013年開幕前の3月には、第3回WBCのオランダ代表に選出された[7]

シーズンでは、10試合に先発登板し、6勝2負、防御率1.19、61奪三振を記録した[2]

オフには、ベネズエラウィンターリーグであるリーガ・ベネソラーナ・デ・ベイスボル・プロフェシオナルに参加し、レオネス・デル・カラカスでプレーした。ここでは、18試合(1試合で先発)登板し、1勝0負、防御率3.97、8奪三振を記録した[2]

2014年9月2日に、この年から開催されたフランス国際野球大会のオランダ代表に選出された事が発表された[8]。この大会で、オランダ代表は初代優勝国となった[9]。大会終了後の12日に、今度は第33回ヨーロッパ野球選手権大会オランダ代表に選出された事が発表された[10]。この大会では、オランダ代表が大会の記録である自国の20回の優勝を塗り替える3大会振り21度目の優勝を果たした[11]

2015年2月17日に、「GLOBAL BASEBALL MATCH 2015 侍ジャパン 対 欧州代表」の欧州代表に選出された事が発表された[12][13]。4月13日に、第15回ワールドポート・トーナメントと「2015 WBSCプレミア12」のオランダ代表候補選手に選出された事が発表された[14]

シーズンでは、5月7日のヴァッセン・パイオニアーズ戦で、ネプチューンズでの通算100勝を記録した[15]。6月30日に、第15回ワールドポート・トーナメントのオランダ代表に選出された事が発表された[16]

プレースタイル[編集]

サイド気味のフォームから140km/h前後のストレートスライダーを中心とした投球が特徴で、他にカーブチェンジアップを投げる。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2007 誠泰 3 2 0 0 0 0 1 0 0 .000 34 5.0 11 1 9 0 1 3 0 0 8 8 14.40 4.00
CPBL:1年 3 2 0 0 0 0 1 0 0 .000 34 5.0 11 1 9 0 1 3 0 0 8 8 14.40 4.00
  • 2010年度シーズン終了時

代表歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 世界の野球「キューバ代表とも互角の勝負、ヨーロッパの雄・オランダ」 侍ジャパン公式サイト (2015年2月10日) 2015年2月22日閲覧
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q Baseball Reference (Minors)
  3. ^ 2006 Tournament Roster WBC公式サイト 英語 2015年2月19日閲覧
  4. ^ 2009 Tournament Roster WBC公式サイト英語 2015年2月19日閲覧
  5. ^ Netherlands announces Roster for Baseball World Cup - IBAF
  6. ^ ジーター後継者は「サー」の爵位持つ24歳のグリゴリアス
  7. ^ 2013 Tournament Roster WBC公式サイト 英語 2015年2月19日閲覧
  8. ^ Roger Bernadina in EK-selectie Nederland de Nederlandse honkbalsite オランダ語 (2014年9月2日) 2015年3月20日閲覧
  9. ^ Nederland wint France International Baseball Tournament KNBSB オランダ語 (2014年9月10日) 2015年3月20日閲覧
  10. ^ Nederlands honkbalteam opent EK tegen Kroatië The Royal Dutch Baseball and Softball Association official site オランダ語 (2014年9月11日) 2015年3月20日閲覧
  11. ^ Netherlands 2014 European Baseball Champion 欧州野球連盟公式サイト 英語 (2014年9月21日) 2015年3月20日閲覧
  12. ^ 欧州代表が選手発表!NPB所属の2選手も招集 侍ジャパンオフィシャルサイト (2015年2月17日) 2015年2月18日閲覧
  13. ^ Europe vs Japan Rosters Announced; Asics Sponsors Europe as Official Outfitter CONFEDERATION OF EUROPEAN BASEBALL (2015年2月17日) 2015年2月18日閲覧
  14. ^ Leonora in voorselectie van Oranje KNBSB オランダ語 (2015年4月13日) 2015年4月26日閲覧
  15. ^ Diegomar Markwell with 100th Win, as Curacao Neptunus beats Vaessen Pioniers Mister Baseball 英語 (2015年5月8日) 2015年6月14日閲覧
  16. ^ Steve Janssen maakt selectie voor WPT bekend KNBSB (オランダ語) (2015年6月30日) 2015年8月1日閲覧

外部リンク[編集]