ディエゴマー・マークウェル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ディエゴマー・マークウェル
Diegomar Markwell
キュラソー・ネプチューンズ #35
基本情報
国籍 オランダの旗 オランダ
出身地 オランダ領アンティルの旗 アンティル自治領シャープワイク(現:キュラソーの旗 キュラソー自治領)
生年月日 1980年8月8日(36歳)
身長
体重
6' 2" =約188 cm
195 lb =約88.5 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 1997年 アマチュアFA
初出場 CPBL / 2007年3月21日
最終出場 CPBL / 2007年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム オランダの旗 オランダ
五輪 2004年
WBC 2006年2009年2013年
プレミア12 2015年

ディエゴマー・レイムンド・マークウェルDiegomar Raymundo Markwell , 1980年8月8日 - )は、オランダ領アンティルキュラソー島シャープワイク出身の野球選手投手)。左投げ左打ち。現在は、オランダ国内リーグであるフーフトクラッセキュラソー・ネプチューンズに所属している。

台湾球界での登録名は威爾

経歴[編集]

プロ入りとブルージェイズ傘下時代[編集]

トロント・ブルージェイズと契約を結びプロ入りした。当時、17歳だった[1]

1997年は傘下ショートシーズンAのセントキャサリンズ・ブルージェイズでプレーした。同年は16試合(11試合で先発)登板し、1勝6負、防御率4.96、33奪三振を記録した[2]

1998年も傘下ショートシーズンAのセントキャサリンズでプレーした。同年は17試合(5試合で先発)に登板し、5勝3負、防御率5.54、40奪三振を記録した[2]

1999年も傘下ショートシーズンAのセントキャサリンズでプレーした。同年は14試合(13試合で先発)登板し、3勝4負、防御率7.58、54奪三振を記録した[2]

2000年は傘下ショートシーズンAのクイーンズ・キングでプレーした。14試合(13試合で先発)登板し、4勝3負、防御率3.05、66奪三振を記録した[2]。その後、傘下Aのヘイガーズタウン・サンズでプレーした。2試合に登板した[2]

2001年は傘下Aのチャールストン・アーリーキャッツでプレーした。22試合(21試合で先発)登板し、5勝7負、防御率3.87、99奪三振を記録した[2]。その後、傘下アドバンスAのダニーデン・ブルージェイズでプレーした。5試合に先発登板し、3勝1負、防御率3.21、26奪三振を記録した[2]

2002年は傘下AAのテネシー・スモーキーズでプレーした。同年は28試合(27試合で先発)登板し、13勝9負1セーブ、防御率4.38、101奪三振を記録した[2]

2003年は傘下AAのニューヘブン・レイブンズ(現:ニューハンプシャー・フィッシャーキャッツ)でプレーした。同年は28試合(19試合で先発)登板し、5勝7負、防御率7.04、69奪三振を記録した[2]。同年に解雇された[1]

ブルージェイズ退団後[編集]

2004年にはアテネオリンピックオランダ代表に選出された。この大会以降、オランダ代表の常連となる[1]

2006年3月に第1回WBCのオランダ代表に選出された[3]

台湾球界時代[編集]

2007年には台湾の野球リーグである中華職業棒球大聯盟(CPBL)の誠泰コブラズに入団した。

しかし、成績は奮わず、シーズン途中に退団した。

オランダ球界時代[編集]

2007年シーズン途中に母国オランダのプロ野球リーグであるフーフトクラッセDOORネプチューンズに入団した。同年は13試合に先発登板し、9勝1負、防御率1.45、62奪三振を記録した[2]

2008年は15試合に先発登板し、9勝5負、防御率2.37、51奪三振を記録した[2]

2009年開幕前の3月には第2回WBCのオランダ代表に選出され[4]、2大会連続2度目の選手となった。

シーズンでは15試合に先発登板し、10勝2負、防御率1.82、83奪三振を記録した[2]

2010年は12試合に先発登板し、9勝1負、防御率1.32、54奪三振を記録した[2]

2011年は13試合に先発登板し、10勝1負、防御率1.71、50奪三振を記録した[2]

オフの9月20日に第39回IBAFワールドカップのオランダ代表に選出された[5]。同大会ではヨーロッパの国としては、1938年大会イギリス代表以来73年ぶりの優勝を果たした。この栄誉を称えて代表24人全員に「サー」の爵位が贈られ[6]、マークウェルにも贈られた。

2012年は12試合に先発登板し、11勝1負、防御率1.34、62奪三振を記録した[2]

2013年開幕前の3月に第3回WBCのオランダ代表に選出された[7]

シーズンでは10試合に先発登板し、6勝2負、防御率1.19、61奪三振を記録した[2]

オフにはベネズエラウィンターリーグであるリーガ・ベネソラーナ・デ・ベイスボル・プロフェシオナルに参加し、レオネス・デル・カラカスに所属した。ここでは、18試合(1試合で先発)登板し、1勝0負、防御率3.97、8奪三振を記録した[2]

2014年9月2日に第1回フランス国際野球大会のオランダ代表に選出された[8]。同大会でオランダ代表は初代優勝国となった[9]。大会終了後の12日に、今度は第33回ヨーロッパ野球選手権大会オランダ代表に選出された[10]。同大会ではオランダ代表が大会の記録である自国の20回の優勝を塗り替える3大会振り21度目の優勝を果たした[11]

2015年2月17日に「GLOBAL BASEBALL MATCH 2015 侍ジャパン 対 欧州代表」の欧州代表に選出された[12][13]。3月11日の第2戦に先発登板し[14]大島洋平を牽制死するなど[15]、3回を投げ勝利投手となっている[16]

4月13日に第15回ワールドポート・トーナメント第1回WBSCプレミア12のオランダ代表候補選手に選出された[17]

シーズンでは5月7日のヴァッセン・パイオニアーズ戦で、ネプチューンズでの通算100勝を記録した[18]。6月30日に第15回ワールドポート・トーナメントのオランダ代表に選出された[19]

オフの10月12日に第1回WBSCプレミア12のオランダ代表候補選手36名に選出され[20]、10月20日に第1回WBSCプレミア12のオランダ代表選手28名に選出された[21]

2016年1月18日に「野球オランダ代表と野球キューバ代表の強化試合」のオランダ代表に選出された[22]が、同試合は雨天中止となった[23]。7月9日に第28回ハーレムベースボールウィークのオランダ代表に選出された[24]。8月25日に第2回フランス国際野球大会のオランダ代表に選出された[25]。9月7日に2016年ヨーロッパ野球選手権大会のオランダ代表に選出された[26]。両大会で優勝を果たした[27]。10月18日に「侍ジャパン 野球オランダ代表 野球メキシコ代表 強化試合」のオランダ代表に選出された[28]

プレースタイル[編集]

サイド気味のフォームから140km/h前後のストレートスライダーを中心とした投球が特徴で、他にカーブチェンジアップを投げる。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2007 誠泰 3 2 0 0 0 0 1 0 0 .000 34 5.0 11 1 9 0 1 3 0 0 8 8 14.40 4.00
CPBL:1年 3 2 0 0 0 0 1 0 0 .000 34 5.0 11 1 9 0 1 3 0 0 8 8 14.40 4.00
  • 2010年度シーズン終了時

代表歴[編集]

オランダ代表
その他

脚注[編集]

  1. ^ a b c 世界の野球「キューバ代表とも互角の勝負、ヨーロッパの雄・オランダ」 侍ジャパン公式サイト (2015年2月10日) 2015年2月22日閲覧
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q Baseball Reference (Minors)
  3. ^ 2006 Tournament Roster The official site of World Baseball Classic (英語) 2015年2月19日閲覧 [リンク切れ]
  4. ^ 2009 Tournament Roster The official site of World Baseball Classic (英語) 2015年2月19日閲覧 [リンク切れ]
  5. ^ Netherlands announces Roster for Baseball World Cup - IBAF
  6. ^ ジーター後継者は「サー」の爵位持つ24歳のグリゴリアス
  7. ^ 2013 Tournament Roster The official site of World Baseball Classic (英語) 2015年2月19日閲覧 [リンク切れ]
  8. ^ Roger Bernadina in EK-selectie Nederland de Nederlandse honkbalsite (オランダ語) (2014年9月2日) 2015年3月20日閲覧
  9. ^ Nederland wint France International Baseball Tournament KNBSB (オランダ語) (2014年9月10日) 2015年3月20日閲覧
  10. ^ Nederlands honkbalteam opent EK tegen Kroatië The Royal Dutch Baseball and Softball Association official site (オランダ語) (2014年9月11日) 2015年3月20日閲覧
  11. ^ Netherlands 2014 European Baseball Champion 欧州野球連盟公式サイト (英語) (2014年9月21日) 2015年3月20日閲覧
  12. ^ 欧州代表が選手発表!NPB所属の2選手も招集 侍ジャパンオフィシャルサイト (2015年2月17日) 2015年2月18日閲覧
  13. ^ Europe vs Japan Rosters Announced; Asics Sponsors Europe as Official Outfitter CONFEDERATION OF EUROPEAN BASEBALL (2015年2月17日) 2015年2月18日閲覧
  14. ^ ひかりTV 4K GLOBAL BASEBALL MATCH 2015 侍ジャパン 対 欧州代表 第2戦 2015年3月11日(水) 東京ドーム 試合結果トップ 野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト (2015年3月11日) 2016年3月10日
  15. ^ ひかりTV 4K GLOBAL BASEBALL MATCH 2015 侍ジャパン 対 欧州代表 第2戦 2015年3月11日(水) 東京ドーム 試合経過 野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト (2015年3月11日) 2016年3月10日閲覧
  16. ^ ひかりTV 4K GLOBAL BASEBALL MATCH 2015 侍ジャパン 対 欧州代表 第2戦 2015年3月11日(水) 東京ドーム 打席結果・投打成績 野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト (2015年3月11日) 2016年3月10日閲覧
  17. ^ Leonora in voorselectie van Oranje KNBSB (オランダ語) (2015年4月13日) 2015年4月26日閲覧
  18. ^ Diegomar Markwell with 100th Win, as Curacao Neptunus beats Vaessen Pioniers Mister Baseball (英語) (2015年5月8日) 2015年6月14日閲覧
  19. ^ Steve Janssen maakt selectie voor WPT bekend KNBSB (オランダ語) (2015年6月30日) 2015年8月1日閲覧
  20. ^ Bernadina en Jones in selectie voor Premier 12 de Nederlandse honkbalsite (オランダ語) (2015年10月12日) 2015年10月20日閲覧
  21. ^ Definitieve selectie Kingdom of the Netherlands voor de Premier12 KNBSB (オランダ語) (2015年10月20日) 2015年10月20日閲覧
  22. ^ Team Kingdom als onderdeel van handelsmissie naar Cuba KNBSB - Koninklijke Nederlandse Baseball en Softball Bond (オランダ語) (2016年1月8日) 2016年10月8日閲覧
  23. ^ Game cancelled, but mission accomplished in Havana Mister Baseball (英語) (2016年1月16日) 2016年10月8日閲覧
  24. ^ Garia en de Caster meest opvallende namen in selectie Honkbalweek KNBSB (オランダ語) (2016年7月9日) 2016年7月17日閲覧
  25. ^ Rob Cordemans met Koninkrijksteam naar Sénart Honkbalsite | Honkbalnieuws uit Nederland (オランダ語) (2016年8月25日) 2016年11月8日閲覧
  26. ^ Bernadina voor EK terug in nationale ploeg Honkbalsite | Honkbalnieuws uit Nederland (オランダ語) (2016年8月25日) 2016年9月2日閲覧
  27. ^ Netherlands win European Championship 2016 The official site of Confederation of European Baseball (英語) (2016年9月18日) 2016年11月8日閲覧
  28. ^ [1] KNBSB Nieuws - Facebook (2016年10月18日) 2016年11月8日閲覧

外部リンク[編集]