朝鮮王陵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

座標: 北緯37度11分50秒 東経128度27分10秒 / 北緯37.19722度 東経128.45278度 / 37.19722; 128.45278

世界遺産 朝鮮王陵
大韓民国
李氏朝鮮第4代国王・世宗の墓
李氏朝鮮第4代国王・世宗の墓
英名 Royal Tombs of the Joseon Dynasty
仏名 Tombes royales de la dynastie Joseon
面積 1,756.9ha(緩衝地域4,251.7ha)
登録区分 文化遺産
登録基準 (3),(4),(6)
登録年 2009年
公式サイト 世界遺産センター(英語)
使用方法表示
朝鮮王陵
各種表記
ハングル 조선왕릉
漢字 朝鮮王陵
発音 チョソンワンヌン
英語表記: Joseon Wangneung
テンプレートを表示

朝鮮王陵(ちょうせんおうりょう)は、大韓民国朝鮮民主主義人民共和国にある朝鮮王朝時代の歴代王族の王陵である。朝鮮王陵は、1408年から1966年のおよそ5世紀にわたって造られた。2009年6月27日に韓国が申請した朝鮮王陵40基がユネスコにより世界遺産として登録された。韓国で世界遺産として登録されたものとしては9番目である。[1]

朝鮮王陵一覧[編集]

なお李氏朝鮮の王陵には、現在の北朝鮮にある穆祖翼祖度祖桓祖とその妃の陵墓も含まれる。また以下の一覧のうち、燕山君墓、光海君墓、北朝鮮にある神懿王后の斉陵と定宗・定安王后の厚陵は、世界遺産には含まれていない。

被葬者 陵号 埋葬時期 位置 大韓民国指定史跡番号 備考
太祖李成桂
神懿王后韓氏
神徳王后康氏
健元陵
斉陵
貞陵
1408年
1391年
1396年
楊州倹岩山 / 京畿道九里市仁倉洞
豊徳北粟村 / 北朝鮮開城市豊徳郡
楊州沙河里 / ソウル特別市城北区貞陵洞
193号

208号
東九陵

神徳王后、漢城皇華坊北原に初めて埋葬、太宗9年に移葬
定宗李芳果
定安王后金氏
厚陵 1419年
1412年
豊徳興教洞 / 開城市
定宗陵と同じ
太宗李芳遠
元敬王后閔氏
献陵 1420年
1420年
広州郡大母山 / ソウル特別市瑞草区内谷洞
太宗陵と同じ
194号 純祖仁陵と併せて“献仁陵”
世宗李祹
昭憲王后沈氏
英陵 1450年
1446年
驪州北城山 / 京畿道驪州郡陵西面(英寧陵)
世宗陵と同じ
195号 当初広州献陵の西に葬る、睿宗元年に移葬
文宗李珦
顕徳王后権氏
顕陵 1452年
1441年
京畿道九里市仁倉洞
文宗陵と同じ
193号 東九陵
端宗李弘暐
定順王后宋氏
荘陵
思陵
1457年
1521年
江原道寧越郡寧越邑
楊州群楊里望東峰 / 京畿道南楊州市榛接邑
196号
209号
1698年に王陵になる。
1698年に王妃陵になる。
世祖李瑈
貞熹王后尹氏
光陵 1468年
1483年
楊州注葉山直洞 / 京畿道南楊州市榛接邑
世祖陵の東にあり
197号
徳宗李暲
昭恵王后韓氏
敬陵 1457年
1504年
高陽東蜂峴 / 京畿道高陽市徳陽区龍頭洞
徳宗陵の右
198号 西五陵
睿宗李晄
章順王后韓氏
安順王后韓氏
昌陵
恭陵
昌陵
1469年
1461年
1498年
高陽敬陵の北 / 京畿道高陽市徳陽区龍頭洞
坡州南普施洞 / 京畿道坡州市条里邑
睿宗陵の左
205号
198号
西五陵
坡州三陵

成宗李娎
恭恵王后韓氏
貞顕王后尹氏
宣陵
順陵
宣陵
1494年
1474年
1530年
広州西学堂洞 / ソウル特別市江南区三成洞
坡州恭陵の南 / 京畿道坡州市条里邑
成宗陵の左
199号 中宗靖陵と併せて“宣靖陵”
坡州三陵

燕山君李隆
居昌郡夫人慎氏
燕山君墓 1513年
1537年
ソウル特別市道峰区 362号 当初は流刑地江華島に埋葬、1513年の中宗のころに現在地に移葬。最初は王族の礼を以って埋葬、王陵ではない。1830年に大君墓の改められる。
中宗李懌
端敬王后慎氏
章敬王后尹氏
文定王后尹氏
靖陵
温陵
禧陵
泰陵
1544年
1557年
1562年
1565年
広州西学堂洞 / ソウル特別市江南区三成洞
京畿道楊州市長興面日迎里
京畿道高陽市徳陽区元堂洞
ソウル特別市蘆原区孔陵洞
199号
210号
200号
201号
成宗宣陵と併せて“宣靖陵”

西三陵
明宗康陵と併せて“泰康陵”
仁宗李峼
仁聖王后朴氏
孝陵 1544年
1577年
高陽禧陵の西岡/ 京畿道高陽市徳陽区元堂洞
仁宗陵と同じ
200号 西三陵
明宗李峘
仁順王后沈氏
康陵 1567年
1575年
楊州泰陵の東/ ソウル特別市蘆原区孔陵洞
明宗陵と同じ
201号 文定王后泰陵と併せて“泰康陵”
宣祖李昖
懿仁王后朴氏
仁穆王后金氏
穆陵 1608年
1600年
1632年
楊州健元陵第2岡 / 京畿道九里市仁倉洞
穆陵の左
穆陵の左
193号 東九陵。当初健元陵の西に埋葬、仁祖8年に移葬
初号“裕陵”
初号“恵陵”
光海君李珲
廃妃柳氏
光海君墓 1643年 京畿道南楊州市 363号 王族の礼を以って埋葬。王陵ではない。
元宗李琈
仁献王后具氏
章陵 1627年
1626年
金浦后岡 / 京畿道金浦市豊舞洞 202号 当初楊州群楊里に埋葬、陵号“興慶園”、仁祖5年移葬
当初楊州群場里に埋葬、陵号“毓慶園”
仁祖李倧
仁烈王后韓氏
荘烈王后趙氏
長陵
長陵
徽陵
1731年
1635年
1688年
坡州交河旧治 / 京畿道坡州市炭県面
仁祖陵と同じ
楊州健元陵の西 / 京畿道九里市仁倉洞
203号


当初坡州の北の雲川里に埋葬、英祖7年移葬

東九陵
孝宗李淏
仁宣王后張氏
寧陵 1673年
1674年
驪州郡英陵東弘済洞 / 京畿道驪州郡陵西面
孝宗陵と同じ
195号 当初楊州健元陵の西に埋葬,顕宗14年移葬。世宗英陵と併せ“英寧陵”
顕宗李棩
明聖王后金氏
崇陵 1674年
1683年
楊州健元陵西南の別所 / 京畿道九里市仁倉洞
顕宗陵と同じ
193号 東九陵
粛宗李焞
仁敬王后金氏
仁顕王后閔氏
仁元王后金氏
明陵
翼陵
明陵
明陵
1701年
1680年
1701年
1757年
高陽敬陵の東/ 京畿道九里市仁倉洞
高陽敬陵の東/ 京畿道九里市仁倉洞
粛宗陵と同じ
粛宗陵の右
198号



西五陵
西五陵


景宗李昀
端懿王后沈氏
宣懿王后魚氏
懿陵
惠陵
懿陵
1724年
1718年
1730年
楊州南天蔵山 / ソウル特別市城北区石串洞
楊州崇陵の左 / 京畿道九里市仁倉洞
景宗陵と同じ
204号
193号

東九陵
東九陵

英祖李昑
貞聖王后徐氏
貞純王后金氏
元陵
弘陵
元陵
1776年
1757年
1805年
楊州健元陵の右/ 京畿道九里市仁倉洞
高陽昌陵の左/ 京畿道高陽市徳陽区龍頭洞
英祖陵と同じ
193号
198号

東九陵
西五陵

真宗李緈
孝純王后趙氏
永陵 1728年
1751年
坡州順陵の左 / 京畿道坡州市条里邑
真宗陵と同じ
205号 恭陵、順陵と併せて“坡州三陵”
荘祖李愃
献敬王后洪氏
隆陵 1761年
1815年
水原旧治後花山 / 京畿道華城市安寧洞
荘祖陵と同じ
206号 当初楊州拝峰山に埋葬、“永佑園”と号す、正祖13年に水原に移葬し“顕隆園”に改名、のち改称「隆陵」。正祖健陵と併せて“隆健陵”
正祖李祘
孝懿王后金氏
健陵 1800年
1821年
水原旧治花山顕隆園西岡/ 京畿道華城市安寧洞
正祖陵と同じ
206号 荘祖隆陵と併せて“隆健陵”。当初顕隆園の東に埋葬、純祖21年移葬
純祖李玜
純元王后金氏
仁陵 1834年
1857年
広州献陵の右/ ソウル特別市瑞草区内谷洞
純祖陵と同じ
194号 太宗献陵と併せて“献仁陵”。当初交河旧治に埋葬、哲宗7年移葬
翼宗李旲
神貞王后趙氏
綏陵 1830年
1890年
楊州健元陵の左 / 京畿道九里市仁倉洞
翼宗陵と同じ
193号 東九陵。当初葬懿陵の左に埋葬,名“延慶園,のちに绥陵と改名。憲宗12年楊州龍馬峰下に移葬、哲宗6年に現在位置に移葬
憲宗李奂
孝顕王后金氏
孝定王后洪氏
景陵 1849年
1843年
1903年
楊州健元陵の西/ 京畿道九里市仁倉洞
憲宗陵と同原異封
憲宗陵と同原異封
193号 東九陵
哲宗李昪
哲仁王后金氏
睿陵 1863年
1878年
高陽禧陵の右 / 京畿道高陽市德陽区元堂洞
哲宗陵と同原異封
200号 西三陵
高宗李熙
明成皇后閔氏
洪陵 1919年 京畿道南楊州市金谷洞
高宗陵と同じ
207号 大韓皇帝として埋葬
明成皇后は当初ソウル特別市清凉洞に埋葬、1897年皇后に追尊され移葬、南楊州崇陵の右、陵号“粛陵”。1919年にさらに移葬、洪陵と合葬
純宗李坧
純明孝皇后閔氏
純貞孝皇后尹氏
裕陵 1926年
1904年
1966年
京畿道南楊州市金谷洞
純宗陵と同じ
純宗陵と同じ
207号 高宗洪陵と併せて“洪裕陵”または“金谷陵”

所在地[編集]

王陵の所在地は李氏朝鮮の首都である漢陽を中心に郊外に点在する。

京畿道[編集]

江原道[編集]

黄海道[編集]

  • 開城市(朝鮮民主主義人民共和国)

登録基準[編集]

この世界遺産は世界遺産登録基準における以下の基準を満たしたと見なされ、登録がなされた(以下の基準は世界遺産センター公表の登録基準からの翻訳、引用である)。

  • (3) 現存するまたは消滅した文化的伝統または文明の、唯一のまたは少なくとも稀な証拠。
  • (4) 人類の歴史上重要な時代を例証する建築様式、建築物群、技術の集積または景観の優れた例。
  • (6) 顕著で普遍的な意義を有する出来事、現存する伝統、思想、信仰または芸術的、文学的作品と直接にまたは明白に関連するもの(この基準は他の基準と組み合わせて用いるのが望ましいと世界遺産委員会は考えている)。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 朝鮮王陵40基が世界文化遺産に登録される 中央日報 2009.06.29

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]