仁川国際空港高速道路

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
仁川国際空港高速道路
各種表記
ハングル 인천국제공항고속도로
漢字 仁川國際空港高速道路
発音 インチョンククチェコンハン=コソクトロ  
英語 Incheon International Airport expressway
テンプレートを表示

Korean highway line 130.png

仁川国際空港高速道路
高速国道第130号線
地図
Incheon International Airport expressway.PNG
路線延長 40.2Km
開通年 2000年
道路の方角 東西
起点 仁川広域市中区
主な
経由都市
通過する地域を参照
終点 京畿道高陽市
接続する
主な道路
記法
Korean highway line 100.pngソウル外郭循環高速道路
Template(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路
老梧地JCT付近
仁川国際空港方面永宗大橋の主塔を望む

仁川国際空港高速道路(インチョンこくさいくうこうこうそくどうろ)は、大韓民国仁川広域市中区仁川国際空港)から京畿道金浦市金浦国際空港)を経由して高陽市に至る高速道路である。

概要[編集]

韓国の高速道路第130号線。首都圏の二つの空港(仁川国際空港金浦国際空港)へのアクセス手段として、また両空港を結ぶ道路として建設され、2000年に開通した。総工費1兆7440億ウォン[1] 。 片側3~4車線。管理者は、民間企業である新空港ハイウェイ株式会社。 利用料金は全区間統一で、本線料金所で支払う[2]

路線データ[編集]

沿革[編集]

  • 1993年12月28日 - 国庫財政により着工
  • 1995年10月29日 - 新たな事業施行者となる「新空港高速道路株式会社[3]」が民間資本により設立。
  • 1995年12月7日 - 新空港高速道路(株)により着工
  • 2000年11月20日 - 全線竣工
  • 2000年12月5日 - 一般車両に正式供用(有料)を開始

地理[編集]

永宗島から、黄海を渡り、朝鮮半島(仁川広域市)に至るルートをとる。仁川国際空港、金浦国際空港、ソウル市内を結んでいる。

道路施設[編集]

  • 永宗大橋영종대교): 全長4,420m。北仁川ICと空港入口ICの間に位置する。構造は上下2層になっており、上層は高速道路3車線、下層は高速道路2車線+KORAIL空港鉄道の兼用となっている。
  • 傍花大橋방화대교): 全長2,559m。

インターチェンジなど[編集]

IC
番号
施設名 韓国語施設名 英語施設名 区間距離
()
起点から
(㎞)
接続路線 所在地 備考
9 北路JCT 북로 분기점 Bungno JCT 0.0 0.0 国道77号線
国家支援地方道 23号線
自由路
京畿道 高陽市
8 88JCT 88 분기점 88 JCT 1.6 1.6 オリンピック大路 ソウル特別市 江西区
7 金浦空港IC 김포공항 나들목 Gimpo Airport IC 3.0 4.6 国道39号線
国道48号線
京畿道 金浦市
6 老梧地JCT 노오지 분기점 Nooji JCT 3.6 8.2 100号線 ソウル外郭循環高速道路 仁川広域市 桂陽区
TG 新空港料金所 신공항 요금소 New Airport TG 7.5 15.7 西区
5 青羅IC 청라 나들목 Cheongna IC
4 北仁川IC 북인천 나들목 N.Incheon IC 5.2 20.9 景明大路
SA 永宗大橋紀念館 영종대교 기념관 Yeongjong Grand Bridge
Exhibition Center
仁川方向
3 錦山IC 금산 나들목 Geumsan IC 9.8 30.7 中区
2 空港入口IC 공항입구 나들목 Airport Entrance 1.9 32.6
1 空港新都市JCT 공항신도시 분기점 Airport Town Square JCT 8.1 40.7 110号線 仁川大橋

※ 2012年2月、黔岩IC(검암IC)が供用開始予定(料金所-老梧地JCTの間)[4]

通行料金[編集]

  • 軽自動車(1000cc未満): 3,750ウォン(北仁川から進入時は1,800ウォン)
  • 小型自動車(2軸以下、輪距2,794mm以下):  7,500ウォン(北仁川から進入時は3,600ウォン)
  • 中型自動車(2軸以下、輪距2,794mm超過):12,800ウォン(北仁川から進入時は6,100ウォン)
  • 大型自動車(3軸以上):16,500ウォン(北仁川から進入時は7,800ウォン)

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 韓国・毎日経済新聞
  2. ^ ただし、北仁川IC、青蘿ICを利用する場合、別途の割引料金で利用できる。
  3. ^ 民間企業11社からなるコンソーシアム。
  4. ^ ソウル経済新聞