純祖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
純祖
李氏朝鮮
第二十三代国王
朝鲜纯祖.JPG
純祖の御眞(韓国国立中央博物館蔵)。
朝鮮戦争の戦火で半分以上が焼失している。
王朝 李氏朝鮮
在位期間 1800年8月18日 - 1834年12月13日
姓・諱 李玜
公宝
純斎
諡号 宣恪[1]淵徳顕道景仁純禧体聖凝命欽光錫慶継天配極隆元敦休懿行昭倫熙化浚烈大中至正洪勲哲謨乾始泰亨昌運弘基高明博厚剛健粹精啓統垂暦建功裕範文安武靖英敬成孝大王
廟号 純祖(スンジョ)
生年 1790年7月29日
没年 1834年12月13日
正祖
綏嬪朴氏
后妃
陵墓 仁陵

純祖(スンジョ、じゅんそ、순조乾隆55年6月18日1790年7月29日) - 道光14年11月13日1834年12月13日))は、李氏朝鮮時代の第23代国王(在位:1800年 - 1834年)。(ゴン、)。は公宝(ゴンボ、こうほう、공보)。号は純斎(スンジェ、じゅんさい、순재)。は「宣恪[1]淵徳顕道景仁純禧体聖凝命欽光錫慶継天配極隆元敦休懿行昭倫熙化浚烈大中至正洪勲哲謨乾始泰亨昌運弘基高明博厚剛健粹精啓統垂暦建功裕範文安武靖英敬成孝大王」。元の廟号は「純宗(スンジョン、じゅんそう、순종)」だったが、1857年に「純祖」とあらためられた。

正祖の次男。実の母は綏嬪朴氏で、孝懿王后の養子。兄・文孝世子の死後、1800年に世子になり、同年に即位した。英祖の妃である貞純王后の摂政で僻派が政治を主導したが、1805年には純元王后の本貫でもある安東金氏による勢道政治が始まっており、次代国王・憲宗、次々代国王・哲宗まで続く事となる。純祖は安東金氏を牽制するために豊壌趙氏を重用して、1827年孝明世子(憲宗の父)が摂政になったが、1830年に孝明世子の死のために失敗した。1834年11月に死去、享年45(満44歳没)。

ソウル特別市瑞草区内谷洞にある仁陵。

純祖の命令により編纂された『万機要覧』には、松島(現在の竹島)が于山島[2]だとする『東国文献備考』からの転記があることから、大韓民国は竹島(独島)領有の根拠の一つとしている。

家族[編集]

后妃[編集]

  • 純元王后1789年-1857年) 永安府院君金祖淳の娘
    • 孝明世子
    • 明温公主(1810年-1832年) 東寧尉 贈 領議政 金賢根に降嫁。夫は母と同じく安東金氏である。子は無く、病の為死去。(2回懐妊したが、子供は早世した。)
    • 福温公主(1818年-1832年) 昌寧尉 金炳疇に降嫁。夫は母と同じく安東金氏である。実子は無く、わずか結婚2年目で死去。(彼女の死から1か月後に姉の明温公主も死去。)
    • 大君(?-1820年) 早世。
    • 徳温公主(1822年-1844年) 南寧尉 尹宜善に降嫁。一女を儲けるが早世。第2子懐妊中に食中毒となり、子供を出産後死去。(なお、子供はすぐに亡くなった。公主は子供を埋葬した2時間後に死去したという。)
    • 養子 哲宗 第25代国王。孫である憲宗が後嗣なく薨去すると、王妃の純元王后が自身との間の養子として迎えた。

後宮[編集]

  • 淑儀 朴氏(生年不詳-1854年頃) 本貫は密陽。純祖から寵愛を受け、女官身分で王女を出産した。出産した同年に淑儀に封じられる。
    • 永温翁主(1817年-1829年) 唯一の庶子女。生まれつき病弱で、病に苦しんだ。彼女の死に、異母兄の孝明世子は涙を流し、非常に悲しんだという。

王后との間に2男3女、朴氏との間に1女、合わせて2男4女を儲けたが、孝明世子は孫にあたる憲宗を残して早世。憲宗の娘2人(純祖からみて曾孫)も夭折。純祖の娘たちも子供が早世したり、未婚のまま死去したりと、子孫を残せなかった為、純祖の子孫は現在に伝わっていない。また、孫の憲宗の死去により、父・正祖の男系子孫も断絶した。

系図[編集]

純祖の親類・近親・祖先の詳細


荘献世子━┳22代正祖━23代純祖孝明世子(翼宗)━24代憲宗
       ┃
       ┣恩彦君全渓大院君━25代哲宗
       ┃
       ┗恩信君━南延君(養子)━興宣大院君━26代高宗



脚注[編集]

  1. ^ a b 清の諡号を隠した朝鮮後期の国王たち 朝鮮日報 2007/09/16
  2. ^ 『万機要覧』軍政編四海防東海
    輿地志云鬱陵于山皆于山國地于山則倭所謂松島

関連項目[編集]