哲宗 (朝鮮王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
哲宗
李氏朝鮮
第25代国王
Cheoljong2.jpg
王朝 李氏朝鮮
在位期間 1849年 - 1863年
姓・諱 李昪(イ・ビョン、이변)
道升(トスン、도승)
大勇齋(テヨンジェ、대용재)
諡号 忠敬[1]熙倫正極粹徳純聖欽命光道敦元彰化文顕武成献仁英孝大王
廟号 哲宗
生年 1831年7月25日
没年 1864年1月16日
全渓大院君
龍城府大夫人廉氏
后妃 哲仁王后金氏(永恩府院君 金文根の娘)
陵墓 睿陵

哲宗(チョルジョン、てっそう、철종道光11年6月17日1831年7月25日) - 同治2年12月8日1864年1月16日))は、李氏朝鮮の第25代国王(在位:1849年 - 1863年)。(ビョン、)、初名は元範(ウォンボム、원범)。は忠敬[1]熙倫正極粹徳純聖欽命光道敦元彰化文顕武成献仁英孝大王。大韓帝国時代の1908年哲宗章皇帝を追贈される。

生涯[編集]

正祖の弟・恩彦君の息子である全渓大院君と龍城府大夫人廉氏の三男、すなわち英祖の次男荘献世子の曾孫として生まれた。恩彦君には本来息子が3人いたが、2人の息子は権力争いの犠牲となり、全渓大院君だけが生き残った。全渓大院君にも3人の息子がいたが、長男・懐平君は自身の推戴事件のため処刑され、そのため元範(のちの哲宗)らは連座して江華島へ流されていた。

純祖の王妃・純元王后は、憲宗が後嗣のないまま死去すると、安東金氏が権力を維持するため、豊壌趙氏一派が王位を立てる前に、江華島にいた憲宗の再従叔父となる元範を宮廷に呼び入れ、徳完君に冊封した。

1849年6月9日、徳完君は昌徳宮において19歳で朝鮮国王に即位した。大王大妃となった純元王后は、哲宗が政治に対する知識がなく年も若いという理由で垂簾聴政を始めた。哲宗はその3年後に親政をしたが、一切の権力は勢道政治勢力である安東金氏に握られていた。

安東金氏一派の権力濫用により、国内では貪官汚吏が跋扈し、三政(田政・軍政・還穀)は大いに乱れた。また洪水と日照り、火事などの災害も頻発したことから、民衆の間では飢餓が蔓延した。このため民衆の反乱が全国的な規模で起きたが、朝廷では反乱が起きる根本的な原因を知ろうともせず、哲宗にも安東金氏の勢力を抑え対抗する力はなかった。苦痛で喘ぐ民衆の間では、崔済愚による、すべての人が天であると主唱する東学思想が急速な勢いで広まった。また、キリストの前での平等を唱えるカトリックも、一般民衆のみならず両班層にまで浸透し、宮女の中にカトリック信者がいたほどであった。

哲宗自身は、民心に気を配り、カトリックに対しても寛大であった。しかし哲宗の権力を支持していた南人が、執権層の老論僻派によるカトリック弾圧で粛清され、哲宗自身も安東金氏による勢道政治の中では自分の政治権力を行使できないということを悟り、酒色にふけるようになった。1863年12月、在位14年、33歳(数え年)で後継者のないまま死去。陵墓は睿陵。哲宗の死後、17代孝宗の系統から王が出ることはなく、孝宗の弟(16代仁祖の三男麟坪大君)の八世孫である高宗が王位を継ぎ、その系統が李王家となる。

宗室[編集]

后妃[編集]

王子[編集]

5子を儲けるが、何れも夭折した。

  • 大君(1858年-1859年 母は哲仁王后。)
  • 王子(1854年-没年不詳 母は貴人朴氏。)
  • 王子(1859年-没年不詳 母は貴人趙氏。)
  • 王子(1861年 母は貴人趙氏。)
  • 王子(1862年-没年不詳 母は宮人李氏。)

王女[編集]

6女を儲けるが、5女は夭逝した。

  • 永恵翁主1859年-1872年 母は淑儀范氏。朴泳孝の妻。享年14。子女なし。)
  • 翁主(1850年 母は淑儀方氏。)
  • 翁主(1853年 母は淑儀方氏。)
  • 翁主(生没年不詳 母は淑儀金氏。)
  • 翁主(生没年不詳 母は宮人李氏。)
  • 翁主(生没年不詳 母は宮人朴氏。)

上記の様に5男6女は子供を残すこと無く、夭折。10代まで生き残ったのは永恵翁主1人のみだった。その永恵翁主の死去により、哲宗の直系子孫は断絶した。

系図[編集]

哲宗の親類・近親・祖先の詳細


荘献世子━┳22代正祖━23代純祖孝明世子(翼宗)━24代憲宗
       ┃
       ┣恩彦君全渓大院君━25代哲宗
       ┃
       ┗恩信君━南延君(養子)━興宣大院君━26代高宗



脚注[編集]

  1. ^ a b 清の諡号を隠した朝鮮後期の国王たち 朝鮮日報 2007/09/16
先代:
憲宗
朝鮮国王
第25代:1849年 - 1863年
次代:
高宗