李行里

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
李行里
各種表記
ハングル 이행리
漢字 李行里
発音: イ・ヘンリ
日本語読み: り こうり
テンプレートを表示

李 行里(り こうり、生没年不詳)は、ダルガチ李安社の四男。妻の貞淑王后崔氏の本貫登州[1][2][3][4]であり、登州で戸長を務めていた崔基烈(최기열)の娘である[5]。曾孫の李成桂朝鮮を建国すると翼王に追尊され、さらに太宗廟号翼祖(익조)、号を康恵聖翼大王(강혜성익대왕)に追尊した。

生涯[編集]

父の李安社も元から遼陽等処行中書省開元路中国語版斡東中国語版(알동、豆満江の下流地域)のダルガチに任命されていた。至元11年(1274年)に父が死去すると、ダルガチの地位を受け継いだ。しかし、女真と対立して奇襲を受け、豆満江の河口近くの赤島に逃れた。さらに至元27年(1290年)に李安社が斡東に行く以前に住んでいた宜州(의주、現在の元山市)に移った。ただし、李行里が女真を避けて赤島に入ったというのは、神道碑朝鮮語版にも定陵碑にも見られず、李行里の伝説が変化している[6]

家族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 韓国民族文化大百科事典
  2. ^ 国朝紀年』「貞淑王后崔氏籍登州」
  3. ^ 斗山世界大百科事典
  4. ^ 東国輿地勝覧』巻48『定陵碑』「皇曾祖諱行里、襲封千戸、今封翼王、陵號曰智、配登州崔氏、今封貞妃、陵號曰淑」
  5. ^ 韓国民族文化大百科事典
  6. ^ 池内宏「李朝の四祖の伝説とその構成」『満鮮史研究 近世編』中央公論美術出版1972年、p52

参考文献[編集]