景宗 (朝鮮王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
景宗
李朝
第20代朝鮮国王
王朝 李朝
在位期間 1720年-1724年
都城 景福宮
姓・諱 李昀(イ・ユン、이윤
輝瑞(フィソ、きずい、휘서
諡号 恪恭徳文翼武純仁宣孝大王[1]
廟号 景宗
生年 1688年11月20日
没年 1724年10月11日
粛宗
禧嬪張氏
后妃 端懿王后
宣懿王后

景宗(キョンジョン、けいそう、康熙27年10月28日1688年11月20日) - 雍正2年8月25日1724年10月11日))は李氏朝鮮の第20代国王(在位:1720年 - 1724年)。は昀(ユン、)。は輝瑞(フィソ、きずい、휘서)。

生涯[編集]

粛宗の長男であり、父の粛宗は彼の誕生を非常に喜んだとされ、側室の子にもかかわらず3歳の時に世子になり、次期国王の座を約束された。

景宗は非常に聡明で、臣下の意表を突く質問が多かった。また、書道の造詣が深かった。しかし、1694年に母が中殿(正妃)から嬪の位に降格され(甲戌換局韓国語版)、1701年に刑死したことにより、自分の立場も思い知らされることになる。それは父粛宗の冷遇であった。それにより彼は憂鬱症になってしまったという。

1720年、父王の死により即位する。彼の治世は老論派が権力を握っていた。そのため、老論の支持を受けた異母弟の延君(後の英祖)が1721年に世弟(王位継承者)になった。これは景宗自身に子が無く、また健康的な理由から子が望めないという背景もあった。しかし老論が世弟による代理聴政を主張すると、金一鏡韓国語版は老論を弾劾し、老論4大臣が流刑に処された。1722年に睦虎竜韓国語版が、老論が景宗を殺害しようと計画したと告げたことから、老論は没落した(辛壬の獄韓国語版)。これにより少論が権力を握ることになった。

宣懿王后韓国語版と少論は王族を養子に迎えて延君を取り除こうと企てたが、その前に景宗が急死して失敗した。一説によれば、当時の医学で相剋とされた蟹醤を食べ、延君が医師の反対にもかかわらず参茶を薬として使ったといい、景宗は老論派の両班によって暗殺されたとも言われている。満35歳没。陵はソウル城北区石串洞にある懿陵。

宗室[編集]

  • 祖父:顕宗 第18代国王。
  • 祖母:明聖王后金氏
  • 父:粛宗 第19代国王。
  • 母(養母):仁顕王后閔氏
  • 母(実母):禧嬪張氏
  • 弟:英祖(延君) 第21代国王。
  • 正室:端懿王后(恭孝定穆端懿王后)(1686年-1718年。青松沈氏。靑恩府院君 贈 領議政 沈浩の娘。) 世子嬪のまま死去。後日王后として追号された。
  • 継室:宣懿王后(敬純孝仁惠睦宣懿王后)(1705年-1730年。咸從 魚氏。領敦寧府事 贈 領議政 翼獻公 咸原府院君 魚有亀の娘)
    • どちらの王妃との間に子は無し。

[編集]

  1. ^ 清の諡号を隠した朝鮮後期の国王たち 朝鮮日報 2007/09/16