馬医

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
馬医
ジャンル 韓国時代劇ドラマ
放送時間 毎週月・火曜日
放送期間 2012年10月1日 - 2013年3月25日(50回)
放送国 大韓民国の旗 韓国 日本の旗 日本 中華人民共和国の旗 中国 など
制作局 MBC
演出 イ・ビョンフン、チェ・ジョンギュ
脚本 キム・イヨン
出演者 チョ・スンウイ・ヨウォンソン・チャンミンユソンイ・サンウ
音声 韓国語
テンプレートを表示
馬醫(馬医)
各種表記
ハングル 마의
漢字 馬醫
発音 マイ
英題 Horse Doctor
テンプレートを表示

馬医(ばい、朝鮮語読み:マイ、ハングル:마의)は、2012年10月1日から2013年3月25日まで韓国MBCにて、全50話で放送された17世紀前期から後期までの李氏朝鮮を舞台にしたテレビドラマ

日本での放送は、2013年3月より6月末の衛星劇場を経て、2013年7月7日から2014年6月29日までNHK BSプレミアムで毎週日曜21時00分に(日本語)吹き替え版で放送された。 民放地上波では2016年1月7日からテレビ東京の韓国ドラマ枠「韓流プレミア」で毎週月曜から金曜の8:15〜9:11に放送。

概要[編集]

宮廷女官チャングムの誓い』や『イ・サン』、『トンイ』などを手がけたイ・ビョンフンが監督を務める。前作「トンイ」以前の李氏朝鮮の時代を舞台に、白丁から馬の獣医を経て、最終的に王の主治医にまで登り詰めた実在の人物である 白光炫(ペク・クァンヒョン)(1625年 - 1697年)の生涯を描いた作品である。

また、イ・ビョンフン監督が手掛ける作品としてはこの作品より全編にわたりプログレッシブカメラ(通称:30pカメラ)による撮影を行っている。

あらすじ[編集]

17世紀初頭の朝鮮王朝。医官カン・ドジュン(トジュン)とイ・ミョンファン、医女チャン・インジュの3人の若者は身分を超えた絆で結ばれていたが、朝廷内の陰謀に巻き込まれ、友情までも引き裂かれてしまう。イ・ミョンファンの裏切りにより、カン・ドジュンは世子(セジャ)暗殺の罪の濡れ衣を着せられそのまま処刑されてしまう。罪人の息子として生まれたクァンヒョンはすぐに処刑されそうになるが…。

登場人物[編集]

中心人物
実在した朝鮮の漢方外科医白光炫(ペク・クァンヒョン)をモデルとした本作の主人公。馬医から御医になったのは史実であるが、それ以外の設定はフィクションである。
内医院(ネイウォン、宮廷における王族への医療行為を行う部署)の医官カン・ドジュンの息子として生まれるが、奴婢であるペク・ソックに育てられる。ペク・ソックの死後、ある牧場に身を寄せそこで馬医(現在でいう獣医)となった後、宮廷の医学生となり首医(宮廷の医官を束ねる医官)コ・ジュマンに師事するが、コ・ジュマンにできた附骨疽(化膿性骨髄炎)の除去手術に失敗し都を追われる。
逃亡先でサアム道人に師事し、国で実績を重ねたうえで朝鮮に戻り、オ・ギュテの外科手術を成功させたうえで特任で医官となる。医官となってからは王族を外科手術を用いて快復させるなどの功績を積み重ね、特任で任官した医官ではなることができないといわれた御医(王の主治医)に王命によって任じられる。
カン・ジチョンとは幼馴染。生みの親であるカン・ドジュン、育ての親であるペク・ソックを死に追いやったイ・ミョンファンとは敵対関係にあった。
  • カン・ジニョン(ヨンダル/チニョン) - イ・ヨウォン/幼少期:ノ・ジョンイ
ペク・クァンヒョンの幼馴染。奴婢のペク・ソックの娘として生まれるが、ペク・ソックがカン・ドジュンの息子であるクァンヒョンが殺されるのを阻止するためクァンヒョンと取り換えられた。後に、イ・ミョンファンは両班であるカン家の家柄を利用するため、カン・ドジュンの娘と思い込んでいたジニョンを引き取って育てた。成長すると恵民署(ヘーミンソ、民衆向けの国の治療院)の医女となる。クァンヒョンやコ・ジュマンの広めようとした外科手術に肯定的で、薬価を不当なつり上げを是正しようとした薬契の首班となるなど、方向性がイ・ミョンファンとは異なり、カン・ドジュンと同じであった。クァンヒョンが医官となってからは行動を共にした。
イ・ミョンファンの息子であるイ・ソンハは姉弟として育った。
イ・ミョンファンの息子。医学習読官、後に司憲府(サホンブ)の役人。優しく正義感にあふれる好青年で、幼いころから一緒に育ったチニョンに恋心を抱いていた。クァンヒョンのことは最初は警戒していたが、徐々に信用していった。父のミョンファンが度々不審な行動をすることに気づき、何度か意見が衝突している。ミョンファンの行いを良しとしていないが、一部では黙認していたことに良心にとがめていた。
恵民署の医女長。クァンヒョンとチニョンの出生の秘密を全て知る人物。一時期、サアムに師事していたことでサアムのことを「師匠」と敬う。また、医学生時代は鍼灸術に優れ「鍼の鬼」と呼ばれた。カン・ドジュンが生きていたことろは、イ・ミョンファンを含め3人で一緒に行動していた。
昭顕世子の死の秘密を知ったトジュンが無実の罪を着せられ謀殺されたとき、罪人の後継ぎは連座して殺されてしまうためにこれを阻止しようと逃亡の身であったペク・ソックが自身の娘(チニョン)とトジュンの後継ぎであった息子(クァンヒョン)を入れ替えた。これを後に打ち明けられたことでクァンヒョンとチニョンが「入れ替え子」であることを知っていた。
本編ではクァンヒョンとチニョンを何かと気にかけていたほか、ミョンファンと敵対していたために、一時期医女に降格していた。
本作において一貫して、自らの地位を守らんとクァンヒョンや彼に味方する人々を陥れようと策を巡らせて妨害し、政治的に叩き潰そうとする悪役。ただし、本作の序盤(クァンヒョンが生まれるまで)においては主人公として登場し、彼の歩んできた道が描かれる。そのため、本作の「もうひとりの主人公」でもある。
元は馬医の息子として生まれ(つまりクァンヒョンと同じく元馬医)実家において医術に対し類稀なる才覚を見せていたが、それを惜しんだ実父により「より自身の才覚を活かせるように」と、家柄の良い(とはいえ宮廷内では下級)両班のもとへ養子に出された。養家においては自身が馬医家の出身である事を秘匿するように躾けられ、実家の人々にも二度と会ってはならないと厳しく言いつけられ、苦学の末に医学生となる。だが医学生となってのち、優秀な成績を収めても、それゆえにどこからか「馬医出身」のレッテルが漏れて付きまとい、学内においては激しい差別に苦しみ、馬医であったという自らの出自を心より恥じるようになる。同時にその事が原因で実父の死の間際はおろか葬儀すらも「そんな事をすれば自分を妬む者から陥れられて医官でいられなくなる」と、出席を拒否して出ることができなかった。だが医学生時代、それでも自身に分け隔てなく付き合いを持ってくれた、カン・ドジュン、チャン・インジュと知り合い、共に学び、堅い友情を結んだ。しかし昭顕世子の死にまつわる陰謀に巻き込まれ「ただの医官である自分には何もできない」と、それまで生きてきた自分の立場を守るため日和見主義を決め込む。だが逆に陰謀を知り義憤に溢れたカン・ドジュンを止めようとするが止められず、結果として心ならずも親友の謀殺に加担。これを原因としてインジュとの友情も失う。この結果として良心のタガが外れ「友情を喪った自分にはこれしかない」とばかりに富と権力を志向するようになってしまう。
のち内医院の院長を経て、さらに後に首医(スイ、内医院を束ねる医官)となる。内医院の医官であったときにイ・ヒョンイク(昭顕世子を殺害した実行犯)の殺害現場を見たペク・クァンヒョンとカン・ジニョンに追っ手をかけ、その逃亡でペク・ソックが死んだことに間接的に寄与する。自らの地位を守るためにペク・クァンヒョンを陥れたり、左議政のチョン・ソンジョと結託するなどの行動をしている。コ・ジュマンが首医であったときは内医院の院長、コ・ジュマン亡き後は三医司(サミサ)の首医となった。
クァンヒョンに対しては、同じく元馬医である事から、壮絶な近親憎悪や「自分が医師になるために捨ててきたものを、捨てることなく医師になった」というクァンヒョンの立場に対する、猛烈な嫉妬心を併せ抱いている。その全ては前述もした「元馬医」ゆえのコンプレックスが元凶にある。
宮中の人々
朝鮮王朝第18代の王・顕宗。淑徽王女の兄。民を想い、国を豊かにしてゆこうと心を悩ます優しき王。新たな事を取り入れようとする勢力と、旧体制を守ろうとする勢力に板挟みになりながらも、権力者としての責務を果たす。
史実の朝鮮王第18代・顕宗をモデルとしている。
顕宗の妹で王女。「じゃじゃ馬」で、お付きの女官や武官を度々困らせる。チニョンとは気が合うらしく親しく接しており、一緒に街へ出掛けたりもする。飼っていた猫が病気になった際に、クァンヒョンに猫を治療してもらったことから恋心を抱くが、クァンヒョンがチニョンと相愛であることを知り、クァンヒョンのことを友とすることを決める。
実在した孝宗の子、淑徽公主をモデルとしている。
顕宗ので、粛宗(世子)の母。史実の明聖王后がモデル。
  • 世子
顕宗の子。最終話では王(粛宗)となっていることが描かれている。史実の朝鮮王第19代粛宗がモデル。
顕宗の母で孝宗の后。孝宗の政策で宮中が割れてしまったことから、保守的な思想を持つ。史実の仁宣王后がモデル。
  • 仁祖
昭顕世子と孝宗の父。王位継承権争いによって国が割れることを憂い、昭顕世子を暗殺することを内医院の医官に命じた。朝鮮王第16代仁祖がモデル。
  • 孝宗
顕宗の父。昭顕世子の死の真相を調査しようとするも、真相にたどり着けなかったと描かれた。朝鮮王第17代孝宗がモデル。
孝宗の兄。清国に留学していた。王位継承権で王室内の派閥争いが発展し、国が割れる事を憂いた仁祖の命によって内医院の一部の医官を使い帰国後、病死の扱いで暗殺された。
トジュンが不自然な病状に気付いて救おうと試みるが、全てを理解した上で昭顕世子は手を引くように言う。
史実の昭顕世子がモデル。
左議政(チャイジョン)。派閥の領袖として、イ・ミョンファンらを束ねている。自分の地位を守るためなら何でもやる悪役の立ち位置。
右議政(ウイジョン)。イ・ミョンファンが首医のときに大病を患い、「手の施しようがない」とされた。
  • ソ・ドゥシク(トゥシク) - ユン・ヒソク
ソ・ウンソの兄で義禁府の長官。イ・ソンハとは若い頃からの友人。
チョン・ソンジョの長男の妻(チョン・ソンジョの義理の娘)。ソ・ドゥシクの妹。
内医院・恵民署の人々
三医司の首医。カン・ドジュンが生きていたころは恵民署の署長。
次の世代を担う若い医師や医学生、クアンヒョンやチニョン達を温かく見守っており、常に貧しき者も病の治療を受けられるようにと願っていた。
若き頃のカン・ドジュン、イ・ミョンファン、チャン・インジュの恩師であり、ドジュンの謀殺に関しては常より心を痛めて悔いていた。同時にミョンファンの行く末も案じており、なんとか彼を正しい道に戻せないものかと働きかけていたが、権力欲に取り憑かれてしまったミョンファンには、その心は通じなかった。
頭部に出来た附骨疽(ふこつそ、化膿性骨髄炎に相当)に倒れ、その外科手術をクァンヒョンが執刀する。しかし、術後の処置が不十分で破傷風を発症し、命を落とす。破傷風の兆候が見られた際に王(顕宗)に謁見し、「決してこのことで誰も罰しないで欲しい」と嘆願していた。コ・ジュマンの死によって、クァンヒョンは朝鮮から清国へ逃れることになる。
  • ユン・テジュ - チャン・ヒウン
医生、後に恵民署の医官。コ・ジュマンの前に首医であった父を持つユン家の後継ぎでクァンヒョンの友人。
  • パク・テマン - ユン・ボンギル
医生、後に恵民署の医官。人気雑炊屋「武橋湯飯(ムギョタンバン)」の女将・チュ・イノクの子でクァンヒョンの友人。気さくな態度は母譲りで、少し小心者な所もあるが努力家でもある。クァンヒョンに対しても医生の頃から親しげに接してくれた。
サアムの弟子で、後に恵民署の医女。男のような身なりと話し方をする。腕力も男勝り。清国に滞在していた際に街で出会ったソンハの紳士的な態度や、整った顔立ちに『彫刻』と呼んで一目ぼれしていた。クァンヒョンの姉弟子だが、クァンヒョンがサアムの教えを早々と修めてしまったために『ペク兄』と呼んでいる。
恵民署の医官、後に恵民署の署長。世子の治療に失敗したミョンファンが邪魔しようとした際には言い返すなど、長いものには巻かれない人物。コ・ジュマンの部下で、外科治療にも関心を寄せていた。
その他の人々
クァンヒョンとカヨンの師匠で、インジュ、ウンヒョクの元師匠。外科手術の優れた腕を持つ名医であるが、各地を転々としていた。幼いころのクァンヒョンが瀕死の重傷を負って牧場に流れ着いたときにけがの治療を行っている。
青年期のクァンヒョンとは、コ・ジュマンがサアムを探せと言い残していたことがきっかけで再び出会うことになった。
中盤ではクァンヒョンの外科手術の腕が自分以上であることを認め、迷いのあるクァンヒョンに助言を行った。
実在した舎厳道人という外科医がモデル。史実の舎厳道人は許俊(ホ・ジュン)、李済馬韓国語版中国語版(イ・ジェマ)と並ぶ『医聖』として知られている。
外科手術を行う謎の医者として登場。『治腫指南』という外科手術についてをまとめた医学書を所有し、時に自らの医術を試すために患者を実験台のように扱ったり、死体を解剖するなどした。かつてはサアムの弟子であったが、医術が優れているが非人道的な行為を繰り返したために破門された経歴を持つ。
クァンヒョンの馬医としての師匠。クァンヒョンを実の子のように可愛がっている。
クァンヒョンの兄貴分の馬医。
人気雑炊屋「武橋湯飯(ムギョタンバン)」の料理長。女将のチュ・イノクに傾想している。元流人で、島で生活していたときに、ペク・ソックから幼いクァンヒョンに勉強を教えるよう頼まれていた。今もクァンヒョンには「先生」と呼ばれている。
人気雑炊屋「武橋湯飯(ムギョタンバン)」の女将。クァンヒョンの友人、パク・テマンの母。気さくな所もあるが、少し気位の高い所がある。
クァンヒョンの養父でチニョンの実父。仕事帰りに人狩りに遭遇し、偶然医官が鍼で人を殺す場面(昭顕世子の謀殺という王室絡みの事件)を目撃してしまい、無実の罪で追われる身になった。逃亡中に身重の妻を亡くしたが、その治療に当たったカン・ドジュンに「子は救える」と言われてすべてを委ねた。しかし、数日後にトジュンが謀殺された際に、トジュンの息子(クァンヒョン)と数日違いで生まれた自身の娘(チニョン)を入れ替え、恩人に報いようとした。このとき入れ替えについてはチャン・インジュにだけ伝えた。
一時期、人の目と追っ手から逃れるため島にいたが、トジュンの血筋に報いる事を目的にクァンヒョンに医学を学ばせようとし、都で暮らそうと引っ越す。都暮らしの中で、クァンヒョンが友達のヨンダルと一緒に鍼で人が殺される現場を目撃したことを告白され、自分が目撃したことにして役所に届け出るが、追っ手をかけられてしまう。この逃走の時にヨンダルをかばい矢を受けて死亡した。死の間際ヨンダルが自分の娘であることを知るが、そのことを語らずに亡くなっている。

日本語吹替[編集]

NHK BSプレミアムによる吹替キャストは次の通り[1]

専門用語[編集]

斜体文字は作中でのみ使われる用語。

  • 官庁・施設
    • 義禁府(ウィグムブ) - 王が直接命令権を持ち、王命によって身分の高いものの罪科や重罪を調べた官庁。主に王族や両班に対する罪科を扱った。
    • 司憲府(サホンプ) - 宮廷内部の監察を主に行った官庁。
    • 捕盗庁(ポドチョン) - その周辺を所轄とする警察官庁。一般的な罪科を扱った。
    • 三医司(サミサ) - 典医監・内医院・恵民署の三つを纏めた総称。
    • 典医監(チョニガム) - 薬剤の調合や、医生の教育を行う部署。
    • 内医院(ネイウォン) - 王と王族の治療を行う部署。
    • 恵民署(ヘーミンソ) - 一般庶民を対象とした診療所。作中では王と首医であるコ・ジュマンが貧しい平民にも安価で治療が受けられるように国で保護された診療所として描かれた。
    • 施療庁(シリョチョン) - 作中でイ・ミョンファンらがそれまでの恵民署の診療所を閉鎖して設立。誰でも治療を受けられるが、患者から治療費を受け取る一般的な診療所で金銭的に豊かな者しか治療を受けることができなかった。ミョンファンの失脚により閉鎖され、元の診療所に戻された。
    • 治腫院(チジョンウォン) - 作中で施療庁が設立された際にこれに反発した医官らによって設立された治療院。高額な医療費を支払えない貧しい民の為に開かれた診療所。施療庁の閉鎖後も市中の民を見るための治療院として存続した。
  • 役職
    • 御医(オイ) - 王の主治医に与えられた官職。すべての医官の頂点となる官職。
    • 首医(スイ) - 内医院の長に与えられた官職。
  • 用語

スタッフ[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

NHK BSプレミアム 日曜21台枠
前番組 番組名 次番組
太陽を抱く月
(2013.1.20 - 2013.6.23)
※ SP、総集編含む
馬医
(2013.7.7 - 2014.6.29)
奇皇后
〜ふたつの愛 涙の誓い〜

(2014.8.3 - 2015.8.23)
※ SP、総集編含む