李ジュン鎔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
李埈鎔から転送)
移動先: 案内検索
本来の表記は「李埈鎔」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。

李埈鎔(イ・ジュンヨン(朝鮮語読み)、り しゅんよう(日本語読み)、1870年6月25日 - 1917年3月22日)は、李氏朝鮮末期の王族、大韓帝国の皇族。李王家の一族で、日本公族

父は大韓帝国皇帝高宗の兄・李載冕(完興君・李熹公)。母は洪氏。興宣大院君の嫡長孫。純宗李王垠李堈公の従兄弟。養子に(李堈の次男)。字は景極、号は石庭、松亭。日本での名は。李埈公。

経歴[編集]

高宗とその妃と対立していた祖父興宣大院君により、高宗の代わりの国王に意図されたが、活動はいずれも成功しなかった。

1895年5月、親日派内閣大臣の暗殺を陰謀したという罪で捕まり、特別裁判所で死刑判決を受けた。しかし、大院君の嘆願により、国王の特赦で流刑に減刑され、その年8月特赦で釈放された。

1896年、乙未事変直後日本に留学した。出国した後帰国が許されなくなり、日本に滞留してから1897年日本を出てヨーロッパ各地を視察。1899年以後にはまた日本に戻り千葉県に閑居した。

1907年高宗に代わり純宗が即位すると、朝鮮に帰国して「永宣君」に封ぜられ、雲峴宮に住んだ。また陸軍参将となり、勲一等太極章ついで大勲李花大綬章を授与された。

1912年に父が死去すると、位を継いで「李埈公」と称された。

1917年3月22日、死去。跡継ぎの男子がなかったため、5月25日、従弟の李堈の次男、が養子となり、公位を継いだ。なお、側妾・全順嚇との間に娘・辰琬(尹致昭の六男源善と結婚)がいた。

栄典[編集]

系図[編集]

永宣君埈鎔の親類・近親・祖先の詳細


脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第7771号「叙任及辞令」1909年5月24日。
  2. ^ 『官報』号外「叙任及辞令」1915年11月10日。

参考[編集]