恩彦君

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
李裀から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
恩彦君
宗親世
正一品君
顕禄大夫[1]
続柄 荘祖庶一子
諡号 忠貞
配偶者 常山郡夫人宋氏
氏名不詳女
全山郡夫人李氏
子女 常渓君
李昌順
李昌德
李成得
李鐵得
李塘
全渓大院君
  1. ^ 大典会通では輔国崇禄大夫。位階正一品相当。

恩彦君(おんげんくん、ウノングン、乾隆19年5月29日1754年7月18日) - 嘉慶6年6月13日1801年7月23日))は、朝鮮王朝の王族で、22代国王正祖懿昭世孫の異母弟。名は䄄(イン、)。のちに皇帝高宗により皇帝に追尊され「荘祖」と諡された荘献世子の息子である。

生涯[編集]

正祖の妃・孝懿王后金氏の不妊により起こった、洪国栄が恩彦君の息子常渓君を正祖の後継者に据えようとした事件が露見したことで、常渓君は1786年に処刑され、恩彦君は江華島に流刑となった。死刑をまぬがれたのは、荘献世子の敵対勢力である老論僻派の要求を拒否した正祖のはからいであった。しかしカトリック信者である夫人宋氏が1801年辛酉邪獄殉教し、恩彦君も連座して死薬を賜った。恩彦君の息子全渓君は2人の息子とともに江華島に流された。長男は早世したが、次男の李元範は、のちに憲宗が後継者を残さずに死去したあと国王に擁立された。これが25代国王哲宗である。

ソウル特別市恩平区津寬外洞山78-1番地、北漢山で枝山莉茉山で酉坐丘に埋葬された。しかし、朝鮮戦争中彼の墓地の位置は失われてしまった。

家族[編集]

系図[編集]

恩彦君の親類・近親・祖先の詳細

荘献世子(荘祖) ━┳懿昭世孫
                   ┃ 
                   ┣22代正祖━23代純祖━━━孝明世子(翼宗)━24代憲宗 
                   ┃ 
              ┣恩彦君━━全渓大院君━━25代哲宗 
               ┃ 
               ┣恩信君==南延君(養子)━興宣大院君━━━26代高宗
               ┃
               ┗恩全君