李鎮翼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
李鎮翼
嘉義大夫
議政府左賛成
本貫氏派 全州李氏麟坪大君派
続柄 安興君李埱第1子
諱号 鎮翼
字号 雲卿
誕生年 1728年
没死 1796年6月1日
実父 安興君李埱
配偶者 清風金氏
漢陽趙氏
子女 李秉淳
李秉源
李秉濬

李 鎮翼(り ちんよく、1728年 - 1796年6月1日)は、李氏朝鮮両班本貫氏派全州李氏麟坪大君派。安興君第1子。諱号は「鎮翼」。字号は「雲卿」。

系統は仁祖第3子で高祖父麟坪大君嫡流である。高宗は玄孫である。

蔭位制登用により守令武官などの要職を歴任した。卒去後は吏曹判書議政府左賛成に追贈。

生涯[編集]

英祖期[編集]

1751年11月26日英祖王令で李鎮翼に孝宗顕宗粛宗の御書を持参させて面会した。英祖蔭位制による李鎮翼人事採用令を発令。[1][2]11月29日厚陵参奉に任官。[3]1753年式年試合格者100人中23位・2等18位として進士認定された。[4]5月30日内贍寺奉事に任官。[5]1754年8月5日順陵直長に任官。[6]1757年7月11日五衛副司正に任官。[7]1759年12月26日司饔院直長に任官。[8]1761年1月15日麟坪大君奉祀孫に指定された。[9]1月24日掌苑署別提に任官。[10]3月17日司饔院主簿に任官。[11]6月28日司憲府監察に任官。[12]1762年2月5日戸曹佐郎に任官。[13]8月13日木川県県監に任官。[14]9月8日通礼院引儀に任官。[15]1767年1月17日軍資監判官に任官。[16]3月18日麻田郡郡守に任官。[17]1769年7月13日内資寺主簿に任官。[18]7月14日午前8時慶熙宮集慶堂英祖と面会、英祖は李鎮翼特別人事令を発令。[19]7月22日恭陵に任官。[20]1770年1月14日宗廟署に任官。[21]2月5日義興県県監に任官。[22]1772年11月7日敦寧府都正に任官。[23]1774年1月13日午前10時慶熙宮集慶堂英祖と面会、燕行録を持参した。工曹参判に任官。[24][25]8月22日五衛司直に任官。[26]11月30日五衛都総府副総管に任官。[27]1775年3月18日五衛都総府副総管解官。理由は重病のため。[28]

正祖期[編集]

1776年9月30日明陵忌辰祭献官に担官。[29]12月30日五衛都総府副総管に任官。[30]1777年8月13日中枢府同知事に任官。[31]9月2日五衛都総府副総管に任官。[32]9月12日兵曹報告書で五衛副司直に降官。[33]10月6日寧越都護府都護府使に任官。[34]10月18日午前10時昌徳宮熙政堂正祖と面会、正祖は李鎮翼に寧越都護府都護府使として寧越都護府における弊害・水害を解決勧告した。[35]1778年10月24日正祖が李鎮翼逮捕令状を発令、義禁府寧越都護府庶務官を利用して逮捕解官された。理由は不正行為のため。[36]

1780年1月31日五衛副司直に任官。[37]3月4日五衛都総府副総管に任官。[38]5月1日慶州府府尹に任官。[39]1781年1月15日暗行御史李時秀慶尚道報告書で李鎮翼が還穀とよばれる穀物貸与制度での不正行為、反作とよばれる穀物出納関係での虚偽報告などで立件されて、正祖慶尚道守令逮捕令状を発令。[40]1月19日義禁府に勤務地で逮捕された。[41]2月5日義禁府が李鎮翼に笞刑80回・罰金刑を求刑、正祖が許可・確定した。[42][43]6月14日慶州府府尹に解官。[44]12月21日釈放された。[45][46]

1782年1月28日五衛副司直に任官。[47]2月12日五衛都総府副総管に任官。[48]5月12日漢城府右尹に任官。[49]6月22日義禁府知事に任官。[50]7月2日義禁府知事に解官。[51]7月7日正祖王令で五衛都総府副総管に解官・逮捕令状を発令。理由は正祖景慕宮視察時に五衛都総府担当儀式を90歳の鶴城君に代行させたことを問題視したため。[52][53]7月8日義禁府に逮捕された。[54]7月11日釈放された。[55]8月27日五衛都総府副総管に内定していたが、林錫喆が先日に解官されて不適切と進言したところ、内定取消になった。[56][57]

1783年1月2日五衛副司直に任官。[58]1月12日五衛都総府副総管に任官。[59]9月6日漢城府右尹に任官。[60]9月10日五衛都総府副総管に任官。[61]9月17日五衛都総府副総管に解官。理由は訴訟・勤務態度で悪評のため。[62]9月19日五衛副司直に任官。[63][64][65]12月5日五衛司直に任官。[66]1785年2月27日五衛都総府副総管に任官。[67]2月28日五衛都総府副総管に解官。[68]4月9日五衛都総府副総管に任官。[69][70]4月20日五衛都総府副総管に解官。[71]1786年1月27日五衛都総府副総管に任官。[72][73][74][75]1787年10月2日五衛都総府副総管に解官。理由は重病のため。[76][77]1788年2月8日五衛都総府副総管に任官。[78]2月9日五衛都総府副総管に解官。理由は重要行事不参加のため。[79]

4月27日敦寧府同知事に任官。[80]12月19日五衛都総府副総管に任官。[81][82][83][84][85]1792年6月22日五衛都総府都総管に任官。[86]12月19日五衛都総府副総管に任官。[87][88]1793年1月22日造紙署提調に任官。[89]2月11日嘉義大夫に叙位。[90][91]5月14日五衛副司直に任官。[92][93]1794年1月27日兵曹参判に任官。[94]6月13日長湍都護府都護府使に任官。[95]12月8日長湍都護府都護府使に解官。理由は訴訟や政治混乱の責任のため。[96]1795年3月2日五衛副司直に任官。[97]8月29日五衛都総府副総管に任官。[98][99]1796年2月18日五衛護軍に任官。[100]

1796年6月1日卒去した。[101]1864年2月17日興宣大院君により議政府左賛成に追贈。[102]

経歴[編集]

西暦 月日 内容
1751年 11月29日 厚陵参奉
1753年 進士認定
5月30日 内贍寺奉事
1754年 8月5日 順陵直長
1757年 7月11日 五衛副司正
1759年 12月26日 司饔院直長
1761年 1月15日 麟坪大君奉祀孫指定者
1月24日 掌苑署別提
3月17日 司饔院主簿
6月28日 司憲府監察
1762年 2月5日 戸曹佐郎
8月13日 木川県県監
9月8日 通礼院引儀
1767年 1月17日 軍資監判官
3月18日 麻田郡郡守
1769年 7月13日 内資寺主簿
7月22日 恭陵
1770年 1月14日 宗廟署
2月5日 義興県県監
1772年 11月7日 敦寧府都正
1774年 1月13日 工曹参判
8月22日 五衛司直
11月30日 五衛都総府副総管
1776年 9月30日 明陵忌辰祭献官
12月30日 五衛都総府副総管
1777年 8月13日 同知中枢府
9月2日 五衛都総府副総管
9月12日 五衛副司直(降官)
10月6日 寧越都護府都護府使
1780年 1月31日 五衛副司直
3月4日 五衛都総府副総管
5月1日 慶州府府尹
1782年 1月28日 五衛副司直
2月12日 五衛都総府副総管
5月12日 漢城府右尹
6月22日 義禁府知事
1783年 1月2日 五衛副司直
1月12日 五衛都総府副総管
9月6日 漢城府右尹
9月10日 五衛都総府副総管
9月19日 五衛副司直
12月5日 五衛司直
1785年 2月27日 五衛都総府副総管
4月9日 五衛都総府副総管
1786年 1月27日 五衛都総府副総管
1788年 2月8日 五衛都総府副総管
4月27日 敦寧府知事
4月20日 五衛都総府副総管
1792年 6月22日 五衛都総府都総管
12月19日 五衛都総府副総管
1793年 1月22日 造紙署提調
2月11日 嘉義大夫(従二品上階)
5月14日 五衛副司直
1794年 1月27日 兵曹参判
1月22日 長湍都護府都護府使
1795年 3月2日 五衛副司直
8月29日 五衛都総府副総管
1796年 2月18日 五衛護軍
1864年 2月17日 議政府左賛成

家門[編集]

尊属
続柄 諱号 備考
実父 安興君李埱
実母 郡夫人文化柳氏 本貫文化柳氏柳潗の娘。
卑属
続柄 諱号 備考
正室 清風金氏 本貫清風金氏金道健の娘。
正室 漢陽趙氏 本貫漢陽趙氏趙道健の娘。
  一子 李秉淳
二子 李秉源 南延君の実父。
三子 李秉濬

脚注[編集]

  1. ^ 『英祖実録』(1751年旧暦10月9日)
  2. ^ 『承政院日記』(1751年旧暦10月9日)
  3. ^ 『承政院日記』(1751年旧暦10月12日)
  4. ^ 韓国歴史人物総合情報システム - 韓国学中央研究院
  5. ^ 『承政院日記』(1753年旧暦4月28日)
  6. ^ 『承政院日記』(1754年旧暦6月17日)
  7. ^ 『承政院日記』(1757年旧暦5月25日)
  8. ^ 『承政院日記』(1759年旧暦11月8日)
  9. ^ 『英祖実録』(1865年旧暦12月5日)
  10. ^ 『承政院日記』(1760年旧暦12月19日)
  11. ^ 『承政院日記』(1761年旧暦2月11日)
  12. ^ 『承政院日記』(1761年旧暦5月26日)
  13. ^ 『承政院日記』(1762年旧暦1月16日)
  14. ^ 『承政院日記』(1762年旧暦6月24日)
  15. ^ 『承政院日記』(1766年旧暦8月5日)
  16. ^ 『承政院日記』(1766年旧暦12月17日)
  17. ^ 『承政院日記』(1767年旧暦2月19日)
  18. ^ 『承政院日記』(1769年旧暦6月10日)
  19. ^ 『承政院日記』(1769年旧暦6月11日)
  20. ^ 『承政院日記』(1769年旧暦6月19日)
  21. ^ 『承政院日記』(1769年旧暦12月18日)
  22. ^ 『承政院日記』(1770年旧暦1月10日)
  23. ^ 『承政院日記』(1772年旧暦10月13日)
  24. ^ 『承政院日記』(1773年旧暦12月2日)
  25. ^ 『英祖実録』(1773年旧暦12月2日)
  26. ^ 『承政院日記』(1774年旧暦7月16日)
  27. ^ 『承政院日記』(1774年旧暦10月27日)
  28. ^ 『承政院日記』(1775年旧暦2月17日)
  29. ^ 『承政院日記』(1776年旧暦8月18日)
  30. ^ 『承政院日記』(1776年旧暦11月20日)
  31. ^ 『承政院日記』(1777年旧暦7月11日)
  32. ^ 『承政院日記』(1777年旧暦8月1日)
  33. ^ 『承政院日記』(1777年旧暦8月11日)
  34. ^ 『承政院日記』(1777年旧暦9月6日)
  35. ^ 『承政院日記』(1777年旧暦10月18日)
  36. ^ 『承政院日記』(1778年旧暦9月5日)
  37. ^ 『承政院日記』(1779年旧暦12月25日)
  38. ^ 『承政院日記』(1780年旧暦1月29日)
  39. ^ 『承政院日記』(1780年旧暦3月27日)
  40. ^ 『承政院日記』(1780年旧暦12月21日)
  41. ^ 『承政院日記』(1780年旧暦12月25日)
  42. ^ 『承政院日記』(1781年旧暦1月13日)
  43. ^ 『承政院日記』(1781年旧暦1月13日)
  44. ^ 『承政院日記』(1781年旧暦5月23日)
  45. ^ 『承政院日記』(1781年旧暦11月7日)
  46. ^ 『承政院日記』(1781年旧暦11月7日)
  47. ^ 『承政院日記』(1781年旧暦12月25日)
  48. ^ 『承政院日記』(1782年旧暦1月1日)
  49. ^ 『承政院日記』(1782年旧暦4月1日)
  50. ^ 『承政院日記』(1782年旧暦5月12日)
  51. ^ 『承政院日記』(1782年旧暦5月22日)
  52. ^ 『承政院日記』(1782年旧暦5月27日)
  53. ^ 『承政院日記』(1782年旧暦5月27日)
  54. ^ 『承政院日記』(1782年旧暦5月28日)
  55. ^ 『承政院日記』(1782年旧暦6月2日)
  56. ^ 『承政院日記』(1782年旧暦7月19日)
  57. ^ 『承政院日記』(1782年旧暦7月19日)
  58. ^ 『承政院日記』(1782年旧暦11月29日)
  59. ^ 『承政院日記』(1782年旧暦12月10日)
  60. ^ 『承政院日記』(1783年旧暦8月10日)
  61. ^ 『承政院日記』(1783年旧暦8月14日)
  62. ^ 『承政院日記』(1783年旧暦8月21日)
  63. ^ 『承政院日記』(1783年旧暦8月23日)
  64. ^ 『承政院日記』(1783年旧暦8月23日)
  65. ^ 『承政院日記』(1783年旧暦9月20日)
  66. ^ 『承政院日記』(1783年旧暦11月12日)
  67. ^ 『承政院日記』(1783年旧暦1月19日)
  68. ^ 『承政院日記』(1785年旧暦1月20日)
  69. ^ 『承政院日記』(1785年旧暦3月1日)
  70. ^ 『承政院日記』(1785年旧暦3月1日)
  71. ^ 『承政院日記』(1785年旧暦3月12日)
  72. ^ 『承政院日記』(1785年旧暦12月28日)
  73. ^ 『承政院日記』(1786年旧暦11月29日)
  74. ^ 『承政院日記』(1787年旧暦2月3日)
  75. ^ 『承政院日記』(1787年旧暦7月20日)
  76. ^ 『承政院日記』(1787年旧暦8月21日)
  77. ^ 『承政院日記』(1787年旧暦8月21日)
  78. ^ 『承政院日記』(1788年旧暦1月2日)
  79. ^ 『承政院日記』(1788年旧暦1月3日)
  80. ^ 『承政院日記』(1788年旧暦3月22日)
  81. ^ 『承政院日記』(1788年旧暦11月22日)
  82. ^ 『承政院日記』(1789年旧暦3月9日)
  83. ^ 『承政院日記』(1789年旧暦9月24日)
  84. ^ 『承政院日記』(1790年旧暦3月10日)
  85. ^ 『承政院日記』(1790年旧暦8月14日)
  86. ^ 『承政院日記』(1792年旧暦閏4月3日)
  87. ^ 『承政院日記』(1792年旧暦11月22日)
  88. ^ 『承政院日記』(1792年旧暦12月7日)
  89. ^ 『承政院日記』(1792年旧暦12月11日)
  90. ^ 『承政院日記』(1793年旧暦1月1日)
  91. ^ 『承政院日記』(1793年旧暦1月1日)
  92. ^ 『承政院日記』(1793年旧暦4月5日)
  93. ^ 『承政院日記』(1793年旧暦8月7日)
  94. ^ 『承政院日記』(1793年旧暦12月26日)
  95. ^ 『承政院日記』(1794年旧暦5月16日)
  96. ^ 『承政院日記』(1794年旧暦11月16日)
  97. ^ 『承政院日記』(1795年旧暦1月12日)
  98. ^ 『承政院日記』(1795年旧暦7月15日)
  99. ^ 『承政院日記』(1795年旧暦7月27日)
  100. ^ 『承政院日記』(1796年旧暦1月10日)
  101. ^ 『承政院日記』(1796年旧暦4月29日)
  102. ^ 『承政院日記』(1864年旧暦1月10日)