李晋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
李 晋
이진 (Yi Jin)
李家
Yi Jin.JPG
顔写真
続柄 李王世子垠第1男子
身位 王公族
敬称 殿下
出生 1921年8月18日
大日本帝国の旗 大日本帝国
死去 (1922-05-11) 1922年5月11日(満0歳没)
大日本帝国の旗 大日本帝国 朝鮮 京城府
埋葬 1922年5月17日
京畿道商陽郡清涼里
父親 李 垠
母親 方子女王
テンプレートを表示
李晋
各種表記
ハングル 이진
漢字 李晋
発音: イ・ジン
日本語読み: り しん
ローマ字 I Jin(2000年式
I Chin(MR式
英語表記: Yi Jin
テンプレートを表示

李 晋(り しん、1921年8月18日 - 1922年5月11日[1])は、李垠の第一子。母は日本皇族方子女王。敬称は「殿下」。

生涯[編集]

1921年(大正10年)8月18日未明、李王世子垠と妃・方子女王の第一子として誕生。誕生に当たり、敬称に「殿下」を用いることが定められた。朝鮮王族と日本の皇族との間に生まれたため、「日鮮融合」の象徴として注目された。同月24日に「晋」と命名された。誕生して間もなくは乳母が置かれたが、やがて母・方子女王自ら母乳を与えるようになった[2]

1922年(大正11年)4月、李王世子夫妻は生後8ヶ月の晋を連れて朝鮮を訪問する。晋と李王(純宗)との対面等が目的だった。晋は帰国直前の5月8日早朝から下痢・嘔吐をし、一行は帰国を中止。食事を受け付けず衰弱してしまい、同月11日15時15分、晋は急逝する。

その一方で、日朝双方による毒殺説が流布している。帰国中止の第一報で、既に陰謀説が報道された[3]。さらに、死去直後にも現地(京城)では「報道する自由を持たない」内容の流言が飛び交っていると報じられた[4]

晋の死は急性消化不良と診断された。同月17日、朝鮮式での葬儀が京城(現ソウル)で執り行われ、京畿道商陽郡清涼里に埋葬された[5]

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第2932号、「告示 宮内省告示」1922年05月13日。
  2. ^ 1922年5月12日 読売新聞「晋殿下 遂に薨ず」
  3. ^ 1922年5月9日 読売新聞「信じられぬ怪しい噂が晋殿下の御病気に絡る」
  4. ^ 1922年5月13日 読売新聞「晋殿下の葬儀は古式で京城に行う 盛んに流言蜚語」
  5. ^ 1922年5月18日 読売新聞「涙の京城に晋殿下の葬儀 王世子両殿下は尽きせぬ名残」

関連項目[編集]