高麗 (曖昧さ回避)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

高麗(こうらい、こま)は、朝鮮半島満洲に存在した複数の王朝王国。また、そこから転じた様々な用法がある。

王朝・国家[編集]

  • 高句麗の別称。本来は後期においては「高麗」が正式な国号であり、同時代には「高麗」が専らこの王朝を指した。
  • 渤海の別称。当時の日本では高句麗の再興とみなしたため、六国史などで「高麗」と記す。
  • 高麗 - 10世紀から14世紀に朝鮮半島に存在した国。元来は高句麗の後継国家を称して「高麗」を国号とした。
  • 便宜上、李氏朝鮮または朝鮮半島そのものを高麗と呼ぶ場合がある(高麗茶碗など)。厳密には誤り。

日本の地名[編集]

朝鮮半島からの帰化人(主に亡命高句麗人)が集団で居住した場所にその名が付いた。

その他[編集]

関連項目[編集]