李王家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細
高宗と家人
王家の紋章「李花紋」

李王家(りおうけ、이왕가、イワンガ)は、李氏朝鮮の歴代国王を出した家系。韓国併合後は日本王公族となり、皇族に準じる待遇を受けたが第二次世界大戦後の日本国憲法施行に伴ってその身分を失い(身位喪失)、サンフランシスコ平和条約発効後は日本国籍からも離脱した。

概要[編集]

1910年(明治43年)の韓国併合ニ関スル条約は、その第3条で「日本国皇帝陛下は韓国皇帝陛下太皇帝陛下皇太子殿下並其の后妃及後裔をして各其の地位に応し相当なる尊称威厳及名誉を享有せしめ且之を保持するに十分なる歳費を供給すへきことを約す」(片仮名を平仮名に改める)として、韓国皇帝以下韓国皇族に対し、相応の待遇や称号付与をすることを定めていた。また第4条ではそれ以外の韓国皇族についての類似の規定をしていた。この条約に基づき、韓国皇帝・皇太子・前皇帝を「王族」、皇帝近親者を「公族」とした王公族が設立された[1]。王族の家長は「王」の称号を使用し、王の長子は「王世子」の称号を使用した[2]。公族の家長は「公」の称号を使用した。

1926年(大正15年)の王公家軌範によれば日本の皇族に準じる待遇を受けるとされていたが、皇室の一員になったわけではないとされている。王公家軌範制定の際には宮内省が王公族を皇族に準ずる存在として王公家軌範を皇室令で定めようとしたのに対し、枢密院は王公族は本来の皇族ではないので王公族の身分を皇室令で定めるのは不当と主張して対立し、結局枢密院の意見が通り、法律によって皇室令に委任する形式となり、皇族に準ずるという点よりも皇族でないという点が強調される結果になった[1]

王公族男子は皇族男子と同様にノブレス・オブリージュの精神によりに入隊することになっていた[3][4]叙勲で比較すると王は皇族の親王、公は皇族の王と同じ扱いになっていた[4]

李王家の本邸は京城府(現ソウル特別市)にある昌徳宮だったが、東京の麹町区紀尾井町1番地にも邸宅があった。東京の邸宅は後に赤坂プリンスホテルになっている[2]。李鍵公家と李鍝公家は、渋谷区常磐松町101番地上に東京の邸宅があった[5]

王公族の家政を司る機関として李王職が置かれていた。宮内大臣の管理に属する外局だが、京城に置かれていたため朝鮮総督府が監督していた[2]。李王職は旧大韓帝国の宮内府を引き継ぐ組織であったため、大正時代までは朝鮮人が代々長官を務めた[2]

1947年(昭和22年)5月3日に施行された日本国憲法第14条で「華族その他の貴族の制度は、これを認めない。」と定められたことで、王公族は華族朝鮮貴族とともにその身分を失うと同時に[6]外国人登録令施行により「外国人」として扱われることとなり、1952年(昭和27年)4月28日のサンフランシスコ平和条約発効後は日本国籍から離脱した者として扱われた。

王・太王・当主[編集]

徳寿宮李太王 㷩[編集]

朝鮮王朝第26代国王にして大韓帝国初代皇帝、高宗(生没年1852年 - 1919年、在位1863年 - 1907年)。韓国併合後は、「太王」の地位を与えられた。

昌徳宮李王 [編集]

高宗と王后閔妃の間に生まれた嫡男の李は、1875年明治8年)王世子に冊封された。ハーグ密使事件を起こしたことによって、高宗が退位させられた後、1907年、最後の皇帝(朝鮮第27代国王)純宗として景福宮で即位した。結婚はしたが子女はいない。日韓併合条約の調印に伴い、韓国皇帝の身分を離れ、その地位に相当する「王」(李王)の称号を明治天皇から賜る。併合後は昌徳宮に住んだ。1926年大正15年)4月25日に薨去。

昌徳宮李王 垠[編集]

李垠(イ・ウン、り・ぎん)は、1897年に高宗と純献貴妃厳氏との間に生まれた。純宗の異母弟。英親王に冊封される。1907年(明治40年)の純宗即位と同時に韓国最後の皇太子となったが、幼少時より日本で教育を受けた。韓国併合と同時に日本の王公族として「王世子」に封じられた[7]。のち、東京赤坂の邸で暮らす[8]

1917年(大正6年)に日本の陸軍士官学校を卒業(第29期)、翌年日本の皇族梨本宮守正王の第一女子である方子女王と婚約、1920年(大正9年)に結婚した。純宗が薨去した1926年(大正15年)には李王家当主を正式に継承し、「王」(李王)となった。李垠は日本の軍人として宇都宮連隊長などを経て、終戦時には中将にまで昇進した。

日本の敗戦後、1947年(昭和22年)の日本国憲法施行により李垠夫妻は王公族の身分を喪失し、続くサンフランシスコ平和条約発効で日本国籍からも離脱した。しかし、李承晩政権時代には彼らの大韓民国への帰国は許されず、夫妻が帰国できたのは朴正煕政権が成立した1963年(昭和38年)のことだった。1970年(昭和45年)に死去。

  • 妃・方子 - 1920年(大正9年)に成婚により「王世子妃」となる。

李玖[編集]

李垠・方子夫妻の次男・李玖(り・く、イ・ク)は、1931年(昭和6年)12月29日東京で生まれ、「王世子」の位を得た。戦後、アメリカ合衆国マサチューセッツ工科大学に留学して建築学を学び、1958年(昭和33年)、ヨーロッパ系アメリカ人女性のジュリア・マロックと結婚してアメリカに帰化した。1963年(昭和38年)、韓国に帰国して実業家になったが、経営していた新韓航空1979年(昭和54年)に倒産、1982年(昭和57年)にはジュリア夫人とも離婚した。離婚後は再度日本に渡ったが、2005年平成17年)7月16日心臓麻痺のため、赤坂プリンスホテル(旧李王邸)にて死去した。

李玖には嗣子が無かったため、李堈公(李垠の兄)の孫である李源が養子になった。

現在[編集]

複数ある李氏の末裔による団体それぞれが、李堈の末裔である李源李錫を当主として承認しており、係争中となっている。

[編集]

[編集]

李堈公(り・こう、イ・カン)は、高宗の五男(母は貴人張氏)。異母兄に純宗、異母弟に皇太子・李王李垠がいる。李氏朝鮮時代には義和君に、大韓帝国時代には義親王に封ぜられていた。日韓併合によって「公」となった。抗日運動にも参加した。1930年(昭和5年)に隠居。1955年に死去した。

13男9女の子があり、長男・李鍵、次男・の2人の男子は「公族」とされた。他の子女は庶子として公族譜には記載されていない。十男が現在韓国で有名な李錫(イ・ソク)である。李錫は若い頃韓国で歌手として売れたが、住んでいた宮殿が国に没収されたため、一度米国に移住したことがある。この李錫の娘が現在女優を名乗る李洪(イ・ホン)となる。李王家の後継者となった李源は、李公の九男・李鉀の長男である。また、次女・李海瑗も女帝として後継者を名乗っていた。

  • 妃・金氏 - 1893年、李と結婚。韓国併合に伴い「公妃」となる。

李鍵公[編集]

李鍵公(り・けん、イ・コン)は、李公の長男。母は鄭氏。李の隠居により「公」位を継ぐ。陸軍軍人。戦後は改めて日本に帰化し、「桃山虔一」と名乗る。

  • 妃・誠子 - 1931年(昭和6年)に成婚により「公妃」となる。戦後「桃山佳子」と名乗ったが、1951年に離婚。

李熹公[編集]

李熹公(り・き、イ・ヒ、李載冕)は、興宣大院君の長男で、高宗の兄。李氏朝鮮時代には完興君に、大韓帝国時代には興親王に封ぜられていた。韓国併合により「公」となった。併合後まもなくの1912年(大正元年)に死去した。

  • 妃・李氏 - 韓国併合に伴い「公妃」となる。

李埈公[編集]

李埈公(り・しゅん、イ・ジョン、李埈鎔)は、李熹の長男で、純宗の従兄弟。永宣君に封ぜられていた。韓国併合により男爵、さらに侯爵となった。李熹の死去により「公」を襲系。1917年(大正6年)死去した。

  • 妃・金氏 - 李埈の公位の襲系に伴い「公妃」となる。

[編集]

公(り・グウ、イ・ウ)は、李公の次男。母は金興仁。李埈が跡継ぎの男子なく死去したため、養子となって「公」を襲系。陸軍軍人。広島市への原子爆弾投下に遭い死去。

  • 妃・朴賛珠 - 1935年(昭和10年)に成婚により「公妃」となる。

その他の人物[編集]

李徳恵[編集]

韓国併合後の1912年(明治45年)、李太王(高宗)と側室・梁氏との間に生まれた。1925年(大正15年)の王公家軌範制定により李太王の子として王公族となったが、女子であるため「公」の位や爵位は受けていない。1931年(昭和6年)5月、伯爵宗武志との結婚により、王公族から華族となる。戦後に離婚。のち韓国へ帰国し、1989年(平成元年)死去。

日本の皇族・華族との婚姻 [編集]

梨本宮守正王の娘方子女王は、日本に留学中の李垠と婚約し、1920年に結婚している。方子女王はしばしば「日本の朝鮮支配の犠牲になった悲劇の王妃」と呼ばれた[9]。しかし夫婦仲は良好で李垠の妹の李徳恵とも一緒にテニスをするなどして仲良く暮らした[10]。夫妻は男子を二人儲けたが、一人は夭折した。日本の敗戦後、李王家は王族の地位を失い、韓国が独立。李夫妻は韓国への帰国を希望したものの、韓国の李承晩政権は旧王家で親日的な李垠一家を冷たくあしらった[11]。そのため一家は韓国民になれず無国籍者として日本で暮らしたり、息子の玖がいたアメリカで暮らしたりしていたが[11]朴正煕政権下でようやく韓国籍の取得が許され、1963年に夫妻は韓国へ帰国した。方子女王は夫が死んだ後も韓国に残り、韓国の社会福祉活動に貢献した[9]

他に李鍵公が高松松平伯爵家分家の松平胖の娘で廣橋眞光伯爵の養妹の誠子と結婚[10]。また李徳恵宗武志伯爵と結婚している。しかし戦後、李垠・方子夫妻以外はそれぞれの理由で離婚している。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

参考文献[編集]

  • 小田部雄次 『華族 近代日本貴族の虚像と実像』中央公論新社中公新書1836〉、2006年(平成18年)。ISBN 978-4121018366 
  • 百瀬孝 『事典 昭和戦前期の日本―制度と実態』吉川弘文館、1990年。ISBN 978-4642036191 

関連項目[編集]