橋本虎之助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
橋本虎之助
Hashimoto Toranosuke.jpg
生誕 1883年6月6日
大日本帝国の旗 大日本帝国 愛知県
死没 1952年1月26日(1952-01-26)(68歳)
中華人民共和国の旗 中国
松江省 ハルビン
所属組織 War flag of the Imperial Japanese Army.svg 大日本帝国陸軍
軍歴 1902年 - 1936年
最終階級 Japan-army-1938-1945 16-1-.gif 陸軍中将
テンプレートを表示

橋本 虎之助(はしもと とらのすけ、1883年(明治16年)6月6日 - 1952年(昭和27年)1月26日)は、大日本帝国陸軍軍人。最終階級は陸軍中将愛知県出身。

経歴[編集]

橋本の父、橋本昌世も軍人で中佐を務めている。陸軍士官学校14期卒業。陸軍大学校22期生で卒業時13番。陸大同期に畑俊六杉山元小磯國昭らがいる。畑が首席で卒業している。

陸軍きってのロシア通として知られている。ロシアへ留学したり、第一次世界大戦時にロシア軍に観戦武官として従軍経験もしている。ロシア大使館附武官補佐官、ロシア大使館附武官などを歴任した。

乃木希典ステッセル水師営の会見に於いて、第三軍司令部の衛兵長であった橋本は先導役を務めた。

満州事変勃発のため奉天に派遣されたが、関東軍参謀石原莞爾に軽くあしらわれている。橋本らが派遣されている最中に錦州爆撃が行われたことに激怒し、帰国している。その後、帰国した時を同じくして十月事件が起きている。事件の首謀者の一人橋本欣五郎をよく知る存在であり、計画を中止するよう説得にあたっている。

陸軍士官学校事件辻政信から報告を受けた。

相沢事件当時は陸軍次官であり、事件後に綱紀粛正のため退任した。公判では証人の一人として出廷している。

二・二六事件では皇道派に橋本自身はつながりがなかったが、部下に叛乱罪の罪で死罪に処される中橋基明中尉らを出したため、予備役に編入された。

終戦時ソ連に逮捕され、ハルビンで病死した。

年譜[編集]

  • 京都中学を経て、
  • 1901年(明治34年)6月 陸軍幼年学校卒業。
  • 1902年(明治35年)11月 陸軍士官学校卒業。
  • 1903年(明治36年) 陸軍騎兵少尉騎兵第一聯隊附。
  • 1904年(明治37年) 日露戦争に出征。
  • 1905年(明治38年) 陸軍騎兵中尉
  • 1906年(明治39年) 陸士生徒隊附。
  • 1910年(明治43年)11月 陸軍大学校卒業。
  • 1911年(明治44年)
  • 1913年(大正2年) ロシア留学。
  • 1914年(大正3年) ロシア軍従軍。
  • 1916年(大正5年) ロシア大使館附武官補佐官。
  • 1917年(大正6年) 陸軍騎兵少佐
  • 1918年(大正7年) 参謀本部附(ロシア駐在)
  • 1919年(大正8年) 参謀本部部員(ロシア班)
  • 1922年(大正11年)
    • 2月 陸軍騎兵中佐
    • 11月 ロシア大使館附武官。
  • 1924年(大正13年)
  • 1928年(昭和3年)参謀本部欧米課長。
  • 1929年(昭和4年)
    • 8月 東京警備参謀長。
    • 12月 陸軍少将
  • 1931年(昭和6年)
    • 8月 参謀本部第2部長。
    • 9月 満州事変勃発のため同月28日奉天に派遣されるが、派遣目的を果たせず帰国。
  • 1932年(昭和7年)
  • 1933年(昭和8年)
    • 8月 参謀本部総務部長。
    • 12月 陸軍中将
  • 1934年(昭和9年)
  • 1935年(昭和10年)
  • 1936年(昭和11年)二・二六事件後、予備役編入。
  • 1937年(昭和12年)
  • 1940年(昭和15年) 満州国祭祀府総裁
  • 1945年(昭和20年) 終戦
  • 1952年(昭和27年) 死去