河村恭輔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
河村 恭輔
生誕 1883年7月26日
山口県
死没 (1950-02-26) 1950年2月26日(66歳没)
所属組織 大日本帝国陸軍の旗 大日本帝国陸軍
軍歴 1903 - 1938
最終階級 陸軍中将
テンプレートを表示

河村 恭輔(かわむら きょうすけ、1883年7月26日 - 1950年2月26日)は、日本陸軍軍人。最終階級は陸軍中将

経歴[編集]

山口県出身。村上正路陸軍大佐の三男として生まれ、河村正彦陸軍中将の養子となる。広島陸軍地方幼年学校中央幼年学校を経て、1903年(明治36年)11月、陸軍士官学校(15期)を卒業。翌年2月、砲兵少尉に任官し下関重砲兵連隊付となる。日露戦争に伴い1904年(明治37年)7月から1906年(明治39年)2月まで出征した。重砲兵第5連隊付などを経て、1915年(大正4年)12月、陸軍大学校(27期)を卒業した。

重砲兵第5連隊中隊長、陸軍兵器本廠付、第12師団参謀、野砲兵第12連隊付(欧州出張)などを経て、1920年(大正9年)10月から翌年7月まで平和条約実施委員を務めた。参謀本部員、兼陸大教官、陸軍重砲兵学校教導連隊大隊長、参謀本部課長などを歴任し、1926年(大正15年)7月、砲兵大佐に昇進。

1928年(昭和3年)8月、野砲兵第22連隊長を経て、1931年(昭和6年)8月、陸軍少将に進み津軽要塞司令官に就任。野戦重砲兵第4旅団長、砲兵監部付、重砲兵学校長を歴任し、1935年(昭和10年)8月、陸軍中将に進んだ。第16師団留守司令官を経て、二・二六事件1936年(昭和11年)3月、第1師団長に親補され、同師団が満州駐留となり渡満した。1938年(昭和13年)7月、参謀本部付となり、翌月、予備役に編入された。後に防空協会常務理事に就任した。

参考文献[編集]

  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 福川秀樹『日本陸軍将官辞典』芙蓉書房出版、2001年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』芙蓉書房出版、1981年。