新井亀太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
新井 亀太郎
亀太郎WikiPhoto.jpg
新井 亀太郎
生誕 1875年12月8日
日本の旗 日本 群馬県桐生市
死没 1932年11月7日(58歳没)
所属組織 大日本帝国陸軍の旗 大日本帝国陸軍
軍歴 1895 - 1931
最終階級 陸軍中将
テンプレートを表示

新井 亀太郎(あらい かめたろう、1875年明治8年)12月8日 - 1932年昭和7年)11月7日)は、日本陸軍軍人。最終階級は陸軍中将。

経歴[編集]

群馬県出身。新井沢次郎の四男として生まれる。群馬県境野小学校、同山田第一高等小学校、錦城商業学校を経て、1896年明治29年)11月陸軍士官学校(8期)を卒業。翌年6月、陸軍歩兵少尉に任官。歩兵第16、9、35の各連隊付を経て、1903年明治36年)陸軍大学校に入校。

日露戦争の勃発に伴い修学を中絶し、原隊復帰、第一回旅順攻撃歩兵第35連隊第12中隊長)、第二回攻撃(歩兵第6旅団副官代理)、第三回攻撃及び奉天の会戦(同副官)に参加。

1907年陸軍大学校(第19期)を卒業。第二師団、第九師団、第十一師団の参謀、留守第十二師団、第六師団の参謀長、浦監派遣軍第四兵站司令官、台湾歩兵第一連隊長などを歴任。1922年8月(大正11年)陸軍少将に進級し歩兵第十七旅団長、陸軍戸山学校長などを経て、1927年7月陸軍中将に進級。支那駐屯軍司令官の後、第七師団長。1931年8月(昭和6年)予備役編入。

1932年昭和7年)11月、群馬県立伊勢崎高等女学校(現・群馬県立伊勢崎清明高等学校)にて講演中倒れ、死去(58歳)。

年譜[編集]

  • 1875年(明治8年)12月8日 - 群馬県山田郡境野村60番地に生まれる
  • 1888年(明治21年)3月 - 群馬県山田郡山田第一高等小学校高等科卒業
  • 1890年(明治23年)9月 - 上京し錦城商業入学
  • 1894年(明治27年)12月1日 - 歩兵第15連隊補充隊に入隊(士官候補生)
  • 1896年(明治29年)11月26日 - 陸軍士官学校を卒業(第8期)
  • 1897年(明治30年)6月28日 - 陸軍歩兵少尉、歩兵第16連隊附
  • 1903年(明治36年)11月30日 - 陸軍大学校に入校
  • 1904年(明治37年)5月9日 - 修学を中絶し原隊復帰、歩兵第35連隊中隊長
  • 1904年(明治37年)8月20日 - 第一回旅順要塞総攻撃(磐龍山付近の戦闘)に参加し負傷。
  • 1904年(明治37年)10月30日 - 第二回旅順要塞総攻撃に参加。(歩兵第6旅団副官代理)
  • 1904年(明治37年)12月26日 - 第三回旅順要塞総攻撃に参加。(歩兵第6旅団副官)
  • 1905年(明治38年)2月28日 - 奉天付近の会戦に参加
  • 1907年(明治40年)11月30日 - 陸軍大学校(第19期)卒業
  • 1908年(明治41年)7月15日 - 第二師団参謀
  • 1910年(明治43年)10月1日 - 歩兵第26連隊大隊長
  • 1912年(明治45年)3月16日 - 第九師団参謀
  • 1916年(大正5年)11月15日 - 第十一師団参謀
  • 1918年(大正7年)8月2日 - 留守第十二師団参謀長
  • 1919年(大正8年)3月24日 - 浦監派遣軍第四兵站司令官
  • 1920年(大正9年)1月30日 - 台湾第一歩兵連隊長
  • 1921年(大正10年)7月20日 - 第六師団参謀長
  • 1922年(大正11年)8月15日 - 陸軍少将、歩兵第十七旅団長
  • 1926年(大正15年)3月2日 - 陸軍戸山学校
  • 1927年(昭和2年)7月26日 - 陸軍中将、支那駐屯軍司令官
  • 1929年(昭和4年)3月16日 - 第七師団
  • 1931年(昭和6年)8月29日 - 予備役
  • 1932年(昭和7年)11月7日 - 群馬県立伊勢崎高等女学校講堂にて講演中倒れ死去。

参考文献[編集]

  • 石井唯一『新井亀太郎小伝』帝国在郷軍人会桐生市境野分会、1934年(国立国会図書館蔵書)
  • 桐生タイムズ「陸軍中将・新井亀太郎」 1991年11月7日付
  • 福川秀樹『日本陸軍将官辞典』芙蓉書房出版、2001年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』芙蓉書房出版、1981年。