佐藤子之助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐藤 子之助(さとう ねのすけ、1876年明治9年)9月23日)- 1947年昭和22年)4月27日)は、日本の陸軍軍人。最終階級は陸軍中将大分県中津市長[1]

経歴[編集]

大分県出身。1899年(明治32年)11月、陸軍士官学校(11期)を卒業し、翌年6月、歩兵少尉に任官。1911年(明治44年)11月、陸軍大学校(23期)を卒業し、第10師団参謀となる。

1921年(大正10年)6月、歩兵大佐に昇進し、同年7月、近衛歩兵第2連隊長に就任。1922年(大正11年)8月、第1師団参謀長に転じた。1923年(大正12年)2月、陸軍省人事局補任課長となる。

1925年(大正14年)5月、陸軍少将に進級し陸大教官に就任。1926年(大正15年)3月、歩兵第12旅団長に転じ、1927年(昭和2年)7月、台湾軍参謀長となる。

1930年(昭和5年)4月、留守第16師団長に就任。同年8月、陸軍中将に進み、1931年(昭和6年)8月、第7師団長に親補された。1933年(昭和8年)8月に待命、そして予備役編入となった。

その後、1942年(昭和17年)から1946年(昭和21年)まで中津市長を務めた[1]

栄典[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 日本の歴代市長 第3巻 p.610 1985.
  2. ^ 『官報』第1620号「叙任及辞令」1917年12月25日。

参考文献[編集]

  • 福川秀樹『日本陸軍将官辞典』芙蓉書房出版、2001年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』芙蓉書房出版、1981年。
  • 『日本の歴代市長 第3巻』 歴代知事編纂会、1985年