岡崎清三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
岡崎 清三郎
生誕 1893年3月17日
大日本帝国の旗 大日本帝国 島根県
死没 (1979-05-27) 1979年5月27日(86歳没)
日本の旗 日本
所属組織 大日本帝国陸軍の旗 大日本帝国陸軍
軍歴 1914 - 1945
最終階級 陸軍中将
テンプレートを表示

岡崎 清三郎(おかざき せいざぶろう、1893年3月17日 - 1979年5月27日)は、日本陸軍軍人。最終階級は陸軍中将

経歴[編集]

島根県出身。岡崎竜次郎の三男として生まれる。松江中学校を経て、1914年5月、陸軍士官学校(26期)を卒業し、同年12月、歩兵少尉に任官し歩兵第63連隊付となる。1921年11月、陸軍大学校(33期)を卒業した。

参謀本部付勤務、参謀本部員などを経て、1925年5月、皇族秩父宮雍仁親王)付武官となり、秩父宮の外遊(オックスフォード大学)に随行した。参謀本部員(編制班)、ジュネーヴ出張、陸軍省整備局課員(統制課)、兼参謀本部員、上原勇作元帥副官(近衛歩兵第3連隊付、歩兵第59連隊付)、留守第4師団参謀長などを経て、日中戦争支那駐屯歩兵第2連隊長として出動。陸軍歩兵学校研究部主事などを経て、1939年8月、陸軍少将に進級。

歩兵学校幹事、教育総監部第1部長、同部総務部長、参謀本部付を歴任し、太平洋戦争第16軍参謀長として出征し、ジャワ島攻略などに従事。1942年12月、陸軍中将に昇進。第2師団長、軍需官(近畿軍需管理部長)などを経て、本土決戦に備え第2総軍参謀長として広島に駐在していたが、1945年8月の原爆投下により重傷を負い終戦を迎えた。

その後、西部復員司令部総務部長を勤め、1946年1月に復員。1948年4月から二年間、戦犯容疑で拘留された。1949年12月、オランダ法廷で無罪判決を受けた。

著書[編集]

  • 『天国から地獄へ』共栄書房、1977年。

親族[編集]

参考文献[編集]

  • 岡崎清編著『ある陸軍軍人の小さな昭和史』私家版、1990年。
  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 福川秀樹『日本陸軍将官辞典』芙蓉書房出版、2001年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』芙蓉書房出版、1981年。