益田兼利

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
益田 兼利
生誕 1913年9月17日
日本の旗 日本 熊本県
死没 (1973-07-24) 1973年7月24日(59歳没)
所属組織 War flag of the Imperial Japanese Army.svg 大日本帝国陸軍
No image available.svg 警察予備隊
No image available.svg 保安隊
Flag of the Japan Self-Defense Forces.svg 陸上自衛隊
軍歴 1934 - 1945(日本陸軍)
1952 - 1952(予備隊)
1952 - 1954(保安隊)
1954 - 1970(陸自)
最終階級 帝國陸軍の階級―襟章―少佐.svg 陸軍少佐(日本陸軍)
JGSDF Lieutenant General insignia (a).svg 陸将(陸自)
テンプレートを表示

益田 兼利(ました かねとし、1913年大正2年)9月17日 - 1973年昭和48年)7月24日)は、日本陸軍軍人陸上自衛官陸軍士官学校第46期卒業、陸軍大学校第54期首席。綜警常駐警備(現・ALSOK常駐警備)元代表取締役社長益田兼弘の実父。

人物[編集]

熊本県出身。将来の陸上幕僚長候補の逸材と見なされていたが、東部方面総監在職時の三島事件において三島由紀夫らの人質となり、退官に追い込まれた。なお、終戦直後の1945年(昭和20年)8月17日、益田は陸軍士官学校同期の晴気誠少佐の自決に立ち会っている(晴気少佐は参謀本部作戦班在職時、サイパン島防衛計画の主務者であったが、作戦指導の失敗がサイパン島の失落、ひいては日本の敗戦を招いたとして、強い自責の念に駆られての自決であった)。奇しくも同じ市ヶ谷台で、益田は2件の自決に立ち会ったことになる。

略歴[編集]

鹿本中学陸軍士官学校予科を経て陸軍士官学校に入校

10月:陸軍少尉任官、歩兵第21連隊
10月:陸軍中尉
12月、陸軍大学校入学(第54期
8月:陸軍参謀本部
12月:参謀本部員・大本営参謀(編制班)
11月:復員

栄典[編集]

  • JPN Zuiho-sho (WW2) 2Class BAR.svg 勲二等瑞宝章 - 1973年(昭和48年)7月24日

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『官報』本紙第7717号(昭和27年9月26日)
  2. ^ 『官報』本紙第13979号(昭和48年7月31日)
  3. ^ 『官報』本紙第13978号(昭和48年7月30日)

参考文献[編集]

  • 『三島由紀夫と自衛隊 秘められた友情と信頼』(並木書房、1997年) ISBN 4-89063-087-2
  • 陸上自衛隊20年年表(刊行:朝雲新聞社)
  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。

関連項目[編集]

先代:
田中兼五郎
東部方面総監
第8代:1969年 - 1970年
次代:
中村龍平