津野田知重

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

津野田 知重(つのだ ともしげ、1917年(大正6年)2月1日 - 1987年7月26日)は、日本の陸軍軍人。最終階級は歩兵少佐熊本県出身。

人物[編集]

日露戦争陸軍大将乃木希典(第三軍指揮官)の参謀を務めた津野田是重陸軍少将)の三男として誕生。

父親の後を継いで陸軍に入ることを決めた際に母親から反対されたが、父の部下であった山下奉文の後押しもあり、軍人となる。後述の津野田事件で陸軍を免官処分になり、戦後は実業界で活動。特に日本科学技術振興財団専務理事時代にはテレビ局「東京12チャンネル」設立に尽力した。

1987年(昭和62年)7月26日、逝去。70歳没。

東條英機暗殺計画(津野田事件)[編集]

津野田は親交のあった柔道家の牛島辰熊木村政彦と共に自らが計画した東條英機暗殺、東條内閣打倒計画を行おうとした。これには山形県で隠棲していた石原莞爾も大いに賛同する。 計画は、東條が乗っているオープンカーに向けて、皇居二重橋前の松の樹上から青酸ガス爆弾を投げ付けて東條を暗殺するというものであったが、内閣打倒までは賛同していた三笠宮崇仁親王に対して津野田が計画の細部を打ち明けたところ、東條の暗殺までは容認できなかった三笠宮が憲兵隊に通報した為に津野田と牛島は逮捕された。両名は軍法会議によって裁かれたが、結審が東條内閣崩壊後である1945年(昭和20年)3月であった為、津野田は陸軍から免官のうえ、禁固5年、執行猶予2年で釈放。牛島は不起訴。石原は軍法会議に召喚されて、始末書の提出のみで終わった。

略歴[編集]