菅野尚一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
菅野 尚一
すがの ひさいち
Maj. Gen. Sugano LOC 21704489205.jpg
少将時代
生誕 1871年5月10日
日本の旗 日本山口県豊浦郡
死没 (1953-06-20) 1953年6月20日(82歳没)
山口県
所属組織 大日本帝国陸軍の旗 大日本帝国陸軍
軍歴 1889 - 1927
最終階級 帝國陸軍の階級―肩章―大将.svg 陸軍大将
テンプレートを表示

菅野 尚一(すがの ひさいち、1871年5月10日明治4年3月21日) - 1953年昭和28年)6月20日)は、長府藩出身の陸軍軍人陸軍大将正三位勲一等功三級

経歴[編集]

山口県豊浦郡大字豊浦村(現下関市長府町)にて、父尚喬(旧長府藩士、陸軍主計大尉)の長男として誕生。

陸軍幼年学校を首席で卒業。1891年(明治24年)陸軍士官学校(士官候補生2期)を卒業。

陸軍少尉として日清戦争に従軍し、1899年(明治32年)12月に陸軍大学校(13期)を卒業した。歩兵少佐として日露戦争に出征。日露戦争時では大本営参謀の一人。奉天会戦にて乃木希典第3軍の参謀も務める。

1917年(大正6年)には石井・ランシング協定締結の際に、石井菊次郎大使付きの首席武官として竹下勇海軍大将(当時中将)と共にアメリカへ随行。竹下勇大将の取り成しで、セオドア・ルーズベルト元大統領と親交を結ぶ。

後、軍務局長第20師団長、台湾軍司令官、軍事参議官などを歴任。台湾軍司令官時代に、当時としては最年少で大将に就任。

教育総監就任目前で上原勇作らの反長州閥派の妨害に遭い、陸軍を退陣する。代わりに就任したのは武藤信義である。以後は、公の場には一切顔を出さなかった。

1953年(昭和28年)に、故郷山口にて世を去る。

年譜[編集]

栄典・授章・授賞[編集]

位階
勲章等

親族[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『官報』第313号「叙任及辞令」1928年1月17日。
  2. ^ 『官報』第205号・付録「辞令」1913年4月9日。
  3. ^ 『官報』第2858号・付録「辞令」1922年2月14日。

参考文献[編集]

  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 福川秀樹『日本陸軍将官辞典』芙蓉書房出版、2001年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』芙蓉書房出版、1981年。

関連項目[編集]