森岡守成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
森岡守成

森岡 守成(もりおか もりしげ、1869年9月14日明治2年8月9日) - 1945年4月28日)は、日本陸軍軍人。最終階級は陸軍大将正三位勲一等功三級[1]。幼名、森重弥蔵。

経歴[編集]

山口県出身。農業、森重五左衛門の二男として生れ、官吏、森岡正奇の養嗣子となった。1891年7月、陸軍士官学校(2期)を卒業し、翌年3月、騎兵少尉任官。日清戦争には騎兵第4大隊小隊長として従軍した。1899年12月に陸軍大学校(13期)を優等で卒業した。騎兵第9連隊中隊長、陸軍省軍務局課員、陸大教官などを歴任。

日露戦争には、第5師団参謀として出征し、騎兵第1旅団参謀、大本営幕僚を勤めた。陸大教官、参謀本部付(トルコ差遣)、参謀本部員、オーストリア大使館付武官、騎兵第16連隊長、陸軍騎兵実施学校長、参謀本部課長、青島守備軍参謀長などを歴任。

1916年5月、陸軍少将に進級、軍馬補充部本部長、騎兵監を歴任し、1919年7月、陸軍中将に進級。第12師団長、近衛師団長、軍事参議官を歴任し、1926年3月、陸軍大将を拝命し、朝鮮軍司令官、軍事参議官を経て、1927年9月、予備役に編入された。

栄典[編集]

位階
勲章等
外国勲章佩用允許

著書[編集]

  • 『余生随筆』日本国防協会、1937年。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ サクラタロウ-森岡守成
  2. ^ 『官報』第2707号「叙任及辞令」1892年7月7日。
  3. ^ 『官報』第2132号「叙任及辞令」1919年9月11日。
  4. ^ 『官報』第4013号・付録「辞令」1896年11月12日。
  5. ^ 『官報』第2612号「叙任及辞令」1921年4月19日。
  6. ^ 『官報』第3248号「叙任及辞令」1923年5月30日。
  7. ^ 『官報』第1695号「叙任及辞令」1918年3月30日。

参考文献[編集]

  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 福川秀樹『日本陸軍将官辞典』芙蓉書房出版、2001年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』芙蓉書房出版、1981年。