中島鉄蔵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
中島 鉄藏
Tetsuzou Nakajima.jpg
生誕 1886年10月12日
日本の旗 日本 山形県
死没 (1949-07-25) 1949年7月25日(62歳没)
所属組織 大日本帝国陸軍の旗 大日本帝国陸軍
軍歴 1905 - 1945
最終階級 陸軍中将
テンプレートを表示

中島 鉄藏(なかじま てつぞう、1886年9月10日 - 1949年7月25日)は、日本陸軍軍人。最終階級は陸軍中将

経歴[編集]

山形県出身。1905年11月、陸軍士官学校(18期)を卒業、翌年3月、歩兵少尉に任官し歩兵第29連隊付となる。1918年11月、陸軍大学校(30期)を卒業した。

戦術研究に才覚を現し、1919年陸軍歩兵学校教官、1921年フランス駐在、1926年陸軍大学校兵学教官、1930年参謀本部戦史課長を歴任。1933年歩兵第77連隊長を経て、1933年侍従武官1937年参謀本部総務部長、同年開始の支那事変については、上司である多田駿参謀本部次長(総長は閑院宮載仁親王)とともに不拡大路線で、陸軍次官東條英機陸軍大臣板垣征四郎)と対立、1938年多田と東條の両者が更迭され、多田の後任として参謀本部次長に就任。1939年ノモンハン事件が発生すると、これを解決すべく、新京に2度渡り事態の収拾に努めた。事態収拾後責任を取って、関東軍司令官植田謙吉大将、参謀長磯谷廉介中将とともに予備役編入となり、第一線を退いた。

1942年司政長官として、ジャカルタに赴任。1945年現地にて戦犯として収監され、1949年ジャカルタ刑務所にて病没した。