馬淵逸雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
馬淵 逸雄
生誕 1896年8月31日
日本の旗 日本 愛知県
死没 (1973-09-17) 1973年9月17日(77歳没)
所属組織 日本陸軍
軍歴 1918 - 1947
最終階級 陸軍少将
テンプレートを表示

馬淵 逸雄(まぶち いつお、1896年(明治29年)8月31日 - 1973年(昭和48年)9月17日)は、日本陸軍軍人。最終階級は陸軍少将

経歴[編集]

旧板倉藩[どこ?]士・戸長、馬淵栄吉の息子として生れる。名古屋陸軍地方幼年学校中央幼年学校を経て、1918年(大正7年)5月、陸軍士官学校(30期)を卒業。同年12月、陸軍少尉に任官し歩兵第34連隊付となる。1929年(昭和4年)11月、陸軍大学校(41期)を卒業した。

歩兵第34連隊中隊長、近衛師団司令部付、第7師団参謀陸軍省官房付、軍務局付、上海派遣軍司令部付などを経て、1937年(昭和12年)11月、歩兵中佐に昇進。1939年(昭和14年)3月、中支那派遣軍司令部付(報道部長)となり、1939年(昭和14年)8月、歩兵大佐に進級。支那派遣軍参謀(報道部長)を経て、1940年(昭和15年)12月、大本営報道部長に就任。

1941年(昭和16年)10月、第20師団隷下の歩兵第78連隊長に発令され朝鮮半島に駐屯し太平洋戦争を迎えた。1942年(昭和17年)12月、第5師団参謀長となり、1943年(昭和18年)8月、陸軍少将に進んだ。1945年(昭和20年)2月、第16軍隷下の独立混成第27旅団長に就任し、ジャワ島バンドンの守備に従事し終戦を迎えた。1947年(昭和22年)5月に復員

著書[編集]

  • 『報道戦線』改造社、1941年。
  • 『東亜の解放』揚子江社出版部、1941年。
  • 『日本の方向』六芸社、1941年。

親族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 加藤治郎・原田泰夫・田辺忠幸『証言・将棋昭和史』(毎日コミュニケーションズ)P.113

参考文献[編集]

  • 西岡香織『報道戦線から見た「日中戦争」 - 陸軍報道部長馬淵逸雄の足跡』芙蓉書房出版、1999年。ISBN 4829502290
  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 福川秀樹『日本陸軍将官辞典』芙蓉書房出版、2001年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』芙蓉書房出版、1981年。