後勝 (軍人)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
後 勝
生誕 1914年(大正3年)
日本の旗 日本広島県
所属組織 日本陸軍
最終階級 陸軍少佐
テンプレートを表示

後 勝(うしろ まさる、1914年 - )は、日本の陸軍軍人。最終階級は陸軍少佐

略歴[編集]

広島県三原市出身。広島県立忠海中学校陸軍士官学校(48期)卒。高田歩兵第30連隊に所属し、満州に派遣される。陸士予科区隊長歴任。陸軍大学校(57期)卒業後、1943年参謀本部作戦課。

1944年緬甸方面軍参謀インパール作戦雲南作戦等で活躍し、終戦後の1947年病院船にて帰国。その後病気の治療・療養を経て、1958年東洋紙業株式会社入社。副社長・最高顧問歴任。現在は自らの戦争経験談を各地で講演している。長男は、経営コンサルタントの後正武

著書[編集]