宇都宮太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
宇都宮 太郎
生誕 1861年4月27日
佐賀藩
死没 (1922-02-15) 1922年2月15日(満60歳没)
所属組織 大日本帝国陸軍の旗 大日本帝国陸軍
軍歴 1885 - 1922
最終階級 陸軍大将
テンプレートを表示

宇都宮 太郎(うつのみや たろう、文久元年3月18日1861年4月27日) - 1922年大正11年)2月15日)は、日本陸軍軍人イギリス大使館付武官参謀本部第二部長、第7師団長、第4師団長三・一運動時の朝鮮軍司令官軍事参議官を歴任した。階級は陸軍大将、位階・勲等は正三位勲一等功三級[1]桂太郎仙波太郎と共に「陸軍の三太郎」と呼ばれる。最近15年分の日記を遺族が公開し、2007年4月から11月にかけて出版された。いわゆる「佐賀の左肩党」の盟主で、皇道派荒木貞夫真崎甚三郎の庇護者でもあった。子息にミノファーゲン社長・衆議院議員の宇都宮徳馬

系譜[編集]

佐賀鍋島藩士、亀川貞一の四男として生まれる。その後、宇都宮十兵衛泰源の養子となる。宇都宮家は、筑後国柳川城主の蒲池氏の家老・蒲池鎮久の子の蒲池貞久を祖とする諫早宇都宮氏の流れを汲む。

先妻・寿満子は堤董真の娘、後妻・マスは貴族院議員の鍋島幹の娘。長男の徳馬衆議院議員、後に参議院議員五・一五事件の首謀者で海軍中尉だった三上卓の妻・宇都宮わかは、太郎の姪(義兄弟の娘)にあたる。同じく太郎の姪にあたる宇都宮玉枝(わかの姉)は,1932年に佐賀選挙区から選出された立憲政友会所属の衆議院議員田口文次の息子で朝鮮銀行に勤務していた田口末雄に嫁いだ。

略歴[編集]

攻玉社を経て1879年(明治12年)4月に陸軍幼年学校生徒となり、1882年(明治15年)に陸軍士官学校に進学。士官生徒第7期で、島川文八郎大将と同期。

1885年(明治18年)6月、士官学校を卒業し陸軍歩兵少尉歩兵第5連隊附を命ぜられる。翌1886年(明治19年)4月に近衛歩兵第4連隊附となり1888年(明治21年)11月に中尉に進級し、陸軍大学校に入校する。

1890年(明治23年)12月に陸軍大学校(6期)を卒業。1892年(明治25年)4月、参謀本部附を命ぜられる。翌1893年(明治26年)11月大尉に進み、同12月からインドに出張。翌年11月に帰国して参謀本部第二局員となる。1894年(明治27年)7月からの日清戦争では大本営陸軍参謀として、情報収集・分析業務に当たる。1896年(明治29年)5月から参謀本部第三部員に移り、1898年(明治31年)10月に少佐に進級する。

1901年(明治34年)1月に駐イギリス大使館附武官に就任。ロンドンに在って1903年(明治36年)1月に中佐1905年(明治38年)3月には大佐に進級する。この間、日露戦争中には明石元二郎・駐スウェーデン大使館附武官によるロシア弱体化のための工作活動(いわゆる明石工作)を支援。

1906年(明治39年)3月に帰国して4月から陸軍大学校幹事となる。同年4月1日、功三級金鵄勲章を受章。翌1907年(明治40年)5月から歩兵第1連隊長となり、1908年(明治41年)12月には参謀本部第2部長に就任する。翌年1月には少将に進級。1911年(明治44年)に中国で起きた辛亥革命では清朝保護の立場を取った政府方針に反し、密かに三菱合資会社社長・岩崎久弥から資金援助を受けて革命派の支援を行う。

1914年(大正3年)5月の中将進級を以って、第7師団長に親補される。1916年(大正5年)8月には第4師団長に移り、1918年(大正7年)7月に朝鮮軍司令官となる。1919年(大正8年)11月に大将へ進み、翌1920年(大正9年)8月から軍事参議官となり在職中に死去。

栄典[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

文献[編集]

  • 宇都宮太郎、宇都宮太郎関係資料研究会、岩波書店刊。
    • 『日本陸軍とアジア政策 1 - 陸軍大将宇都宮太郎日記』2007年4月。
    • 『日本陸軍とアジア政策 2 - 陸軍大将宇都宮太郎日記』2007年7月。
    • 『日本陸軍とアジア政策 3 - 陸軍大将宇都宮太郎日記』2007年11月。

関連項目[編集]