蒲池治久

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
蒲池治久
時代 戦国時代
生誕 不明
死没 不明
改名 治久→宗久(法名)
墓所 福岡県柳川市東蒲池崇久寺
官位 筑後
主君 大友親治義長義鑑
氏族 蒲池氏
父母 父:蒲池親久
兄弟 治久久弘安武親則
鑑久親広矢加部久盛

蒲池 治久(かまち はるひさ)は、戦国時代武将筑後国南部の戦国大名蒲池氏14代・後蒲池5代当主。筑後柳川城主。

生涯[編集]

蒲池氏は筑後の大身。祖父・蒲池繁久の代より、豊後国大友氏幕下の筑後領主として存続していた。慣例によって大友氏当主大友親治から偏諱(「治」の字)を下賜されて治久と名乗る。

もともとは下筑後地方(筑後南部)の領主であったが、文亀年間(1501年 - 1504年)に蒲池城の支城である柳川城を築城し[1]、ここを蒲池氏の本拠とした(のち永禄年間(1558年 - 1570年)に孫の鑑盛(宗雪)によって同城の本格的な改築が行われている)。また同時期には長福寺を修改築し、以降この寺は蒲池氏累代の菩提寺となる(尚、同寺の名称は、享禄年間(1528年 - 1531年)に治久を埋葬した際、治久の法号に因んで宗久寺となり、さらに崇久寺と改められている)。他には永正4年(1508年)5月に将軍足利義尹(義稙)の上洛の際に供奉したという史実も残っている。

横溝城(現:福岡県三潴郡大木町横溝本村)に実弟久弘を代官として在城させるなどして、蒲池氏の勢力拡大をはかったが、これを危惧した大友親治は、治久の次男・親広に上妻郡山下村(540)の所領を与えて別家(上蒲池家)を興させることで蒲池氏の勢力を分割させた[2]。二家に分割された長男・鑑久の嫡流(柳川、下蒲池)と次男・親広の分流(山下、上蒲池)は双方とも同格の大名分として扱われ、共に筑後十五城に数えられる一族に発展していこととなる。

前述の通り、享禄年間(1528-1531年)以前に死去、遺体は崇久寺に埋葬された。家督は嫡男の鑑久が継ぎ、同時に柳川城主となった。

脚注[編集]

  1. ^ 南筑明覧』に柳川城に関する記述があり、「文亀年中(1501年 - 1504年)、三潴郡蒲池の城主蒲池筑後守治久築きて居城せり」とある。
  2. ^ 1504年1521年の間のこととされる。大友親治は文亀元年(1501年)に隠居しているが、子の義長、孫の義鑑の代になっても実権を握っていた。のちに親広の子・鑑広が山下の地(8千町に加増?)に山下城を築城している。