仙波太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
仙波太郎
Senba Taro.jpg
生年月日 1855年6月5日
没年月日 (1929-02-19) 1929年2月19日(満73歳没)
出身校 陸軍大学校
称号 陸軍中将日本陸軍

在任期間 1920年 - 1924年
テンプレートを表示

仙波 太郎(せんば たろう、1855年6月5日安政2年4月21日) - 1929年2月19日)は、日本陸軍軍人政治家。最終階級は陸軍中将衆議院議員

経歴[編集]

愛媛県出身。庄屋・仙波幸雄の長男として生れる。陸軍教導団を経て、1878年12月、陸軍士官学校(旧2期)を卒業し、翌年2月、歩兵少尉に任官し歩兵第8連隊付となる。1885年12月、陸軍大学校(1期)を優等(三席)で卒業。

参謀本部課僚、同第3局員、参謀本部第2局員、ドイツ留学、歩兵第12連隊大隊長などを経て、日清戦争第5師団参謀として出征、平壌攻略戦などに参戦した。第5師団参謀、第2師団参謀、陸士教官、第3師団参謀長、第10師団参謀長、第8師団参謀長、歩兵第24連隊長などを歴任。1903年4月、義和団の乱後の清国駐屯軍司令官となり、同年7月、陸軍少将に進級した。

日露戦争中は、満洲軍総司令部と緊密な連絡を取り、清国内部における宣撫工作や情報収集活動(いわゆる諜報活動)に携わった。また、青木宣純大佐(北京公使館附武官)の隷下に、ロシア軍後方における破壊工作を行った特別任務班の活動にも大きな援助を与えた。しかし、駐屯軍司令官当時の仙波に関しては、現段階ではほとんど史料が無く(失われたか、未発見)詳細については不明である。

歩兵第31旅団長、歩兵第18旅団長、歩兵第2旅団長などを経て、1910年11月、陸軍中将に昇進。下関要塞司令官、第17師団長、第3師団長、第1師団長を歴任。1916年8月に待命となり、翌年4月、予備役に編入された。シベリア出兵に伴い召集を受け、1918年8月から翌年4月まで留守第12師団長を務めた。1917年4月21日、後備役に編入された[1]

のち、1920年5月から1924年1月まで、妻の出身地である岐阜県選出の衆議院議員を務める。

栄典[編集]

外国勲章佩用允許

逸話[編集]

  • 桂太郎(または林太郎中将・陸士旧6期)、宇都宮太郎と共に「陸軍の三太郎」と呼ばれた。
  • 能書家としても知られ、幼少期に三輪田米山の私塾で学んだことがある。号は鳳林。

親族[編集]

  • 養嗣子 仙波毅四郎(陸軍大佐

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第1415号、大正6年4月23日。
  2. ^ 『官報』第3693号「叙任及辞令」1895年10月19日。
  3. ^ 『官報』第4017号・号外「辞令」1896年11月17日。
  4. ^ 『官報』第3818号「叙任及辞令」1896年3月25日。
  5. ^ 『官報』第4027号「叙任及辞令」1896年11月30日。
  6. ^ 『官報』第4302号「叙任及辞令」1897年11月1日。
  7. ^ 『官報』第6727号「叙任及辞令」1905年12月1日。
  8. ^ 『官報』号外「叙任及辞令」1906年12月30日。
  9. ^ 『官報』第7640号「叙任及辞令」1908年12月12日。
  10. ^ 『官報』第251号「叙任及辞令」1913年6月2日。
  11. ^ 『官報』第1310号・付録「辞令」1916年12月13日。
  12. ^ 『官報』第3245号「叙任及辞令」1894年4月27日。

参考資料[編集]

  • 長谷川怜「日露戦争と戦場の諜報戦」(『軍事史学』166号、2006年) ※日露戦争中の諜報活動に関して
  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 福川秀樹『日本陸軍将官辞典』芙蓉書房出版、2001年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』芙蓉書房出版、1981年。