柴勝三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
柴勝三郎

柴 勝三郎(しば かつさぶろう、1864年1月26日文久3年12月18日) - 1938年1月19日)は、日本陸軍軍人。最終階級は陸軍中将

経歴[編集]

茨城県出身。柴久一郎の二男として生まれる。陸軍教導団を経て、1885年6月、陸軍士官学校(旧7期)を卒業した。同期には宇都宮太郎島川文八郎大将竹下平作中将らがいる。1890年12月、陸軍大学校(第6期)を卒業。

陸士教官、陸大副官参謀本部出仕、参謀本部第2部員、陸軍省軍務局課員、大本営参謀などを経て、遼東守備軍参謀として日露戦争に出征。第4軍参謀副長へ転出し、奉天会戦に参加した。

教育総監部参謀、欧州差遣、教育総監部第1課長、近衛歩兵第3連隊長などを経て、1910年11月、陸軍少将に進級。朝鮮駐剳軍参謀長、関東都督府陸軍部参謀長、軍務局長を歴任し、1915年2月、陸軍中将に進級。第18師団長を経て、1919年7月に待命となり、翌年2月2日、予備役に編入された[1]

栄典[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『官報』第2248号、大正9年2月3日。
  2. ^ 『官報』第1310号・付録「辞令」1916年12月13日。

参考文献[編集]

  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 福川秀樹『日本陸軍将官辞典』芙蓉書房出版、2001年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』芙蓉書房出版、1981年。