岡田重久

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
岡田 重久
生誕 1871年1月5日
土佐国 香美郡立田村
死没 (1936-08-08) 1936年8月8日(65歳没)
東京市四谷区
所属組織 大日本帝国陸軍の旗 大日本帝国陸軍
軍歴 1893 - 1923
最終階級 陸軍中将
テンプレートを表示

岡田 重久(おかだ しげひさ、1871年1月5日明治3年11月15日) - 1936年昭和11年)8月8日)は、日本の陸軍軍人。最終階級は陸軍中将

履歴[編集]

土佐国香美郡立田村(現・高知県南国市)に生まれた。1893年(明治26年)7月、陸軍士官学校(4期)を卒業。1894年(明治27年)3月、歩兵少尉に任官。1901年(明治34年)11月、陸軍大学校(15期)を卒業。日露戦争満州軍情報参謀として出征した。

1912年(大正元年)12月、静岡連隊区司令官となり、1913年(大正2年)2月、歩兵大佐に昇進。1914年(大正3年)5月、歩兵第40連隊長となる。第12師団参謀長を経て、1917年(大正6年)8月、陸軍少将に進級し台湾第1守備隊司令官に着任。

1920年(大正9年)8月、歩兵第1旅団長に就任し、1922年(大正11年)8月、陸軍中将に進むと同時に待命。1923年(大正12年)3月、予備役に編入された。1936年(昭和11年)8月、東京市四谷区で死去、享年67。

栄典

親族[編集]

  • 長男 岡田重一(陸軍少将)
  • 子息 岡田重美(陸軍大佐)

参考資料[編集]

  • 『高知県人名事典』高知市民図書館、1970年。
  • 福川秀樹『日本陸軍将官辞典』芙蓉書房出版、2001年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』芙蓉書房出版、1981年。