立見豊丸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
立見豊丸

立見 豊丸(たつみ とよまる、1880年明治13年)1月28日[1]1942年昭和17年)11月2日[2])は、大日本帝国陸軍軍人貴族院子爵議員陸軍政務次官

経歴[編集]

陸軍大将男爵立見尚文の二男として生まれ、父の死去に伴い1907年(明治40年)5月2日に男爵を襲爵し[3]、同年10月2日には父の功で子爵に陞爵した[4]

1899年(明治32年)11月、陸軍士官学校(11期)を卒業し、1900年(明治33年)6月22日、砲兵少尉任官[5]陸軍砲工学校高等科で学び[6]1911年(明治44年)11月、陸軍大学校(23期)を卒業[7]。陸軍士官学校教官、東京湾要塞参謀、山砲兵第1連隊長、野戦重砲兵第7連隊長などを歴任した。1923年大正12年)、陸軍砲兵大佐予備役に編入された。

1932年(昭和7年)7月15日、貴族院子爵議員に当選し[8]研究会に属して活動し死去するまで在任[6]廣田内閣では陸軍政務次官を務め、その他、維新史料編纂会委員も務めた[6]

親族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 人事興信所編『人事興信録 第10版 下巻』人事興信所、1934年、タ206頁。
  2. ^ 『官報』第4747号、昭和17年11月6日。
  3. ^ 『官報』第7150号、明治40年5月3日。
  4. ^ 『官報』第7280号、明治40年10月3日。
  5. ^ 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』156頁。『陸軍現役将校同相当官実役停年名簿 大正7年9月1日調』1038頁。
  6. ^ a b c 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』47頁。
  7. ^ 『日本陸海軍総合事典』第2版、558-559頁。
  8. ^ 『官報』第1664号、昭和7年7月18日。

参考文献[編集]

  • 人事興信所編『人事興信録 第13版 下巻』人事興信所、1941年。
  • 陸軍省編『陸軍現役将校同相当官実役停年名簿 大正7年9月1日調』陸軍省等、1918年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』芙蓉書房出版、1981年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。


日本の爵位
先代:
陞爵
子爵
立見(豊丸)家初代
1907年 - 1942年
次代:
立見尚秀
先代:
立見尚文
男爵
立見(尚文)家第2代
1907年
次代:
陞爵