井田正孝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
井田 正孝
生誕 1912年10月5日
日本の旗 日本 岐阜県
死没 (2004-02-06) 2004年2月6日(91歳没)
所属組織 大日本帝国陸軍の旗 大日本帝国陸軍
軍歴 1933 - 1945
最終階級 陸軍中佐
除隊後 電通総務部長、電通映画社常務
テンプレートを表示

井田 正孝(いだ まさたか、1912年10月5日 - 2004年2月6日)は、日本陸軍軍人実業家。最終階級は陸軍中佐。後に旧姓・岩田に復した。

経歴[編集]

岐阜県出身。岩田冨士太郎陸軍大佐の四男として生れ、1936年4月、陸軍少佐井田磐楠養嗣子となる。大垣中学を経て、1933年7月、陸軍士官学校(45期)を卒業し、同年10月、砲兵少尉に任官し野戦砲兵第1連隊付となる。陸軍砲工学校高等科で学び、1941年12月、陸軍大学校(55期)を優等で卒業した。

第33師団参謀軍務局課員(軍務課)、台湾軍参謀、第10方面軍参謀などを歴任。

1935年頃より、東大教授・平泉澄の直門として竹下正彦畑中健二と親交を深める。

1944年1月に大本営移動計画を発案し、富永恭次次官に計画書を提出。大本営の建設場所には松代(現在の長野市松代地区)を選定した[1]

1945年6月、再度、軍務局課員(軍務課)となり、同月、陸軍中佐に進級。 終戦時、ポツダム宣言受諾に反対、「宮城事件」の首謀者の一人となり、近衛師団長森赳中将の殺害に関与。 また、陸相官邸において竹下中佐とともに阿南陸相の自刃を見届ける。 クーデターは失敗し、8月15日に陸軍省で自決する決心をしていたが、これを予期した見張りの将校に止められ断念した。同月、重謹慎30日。同月31日、予備役に編入された。

終戦後は在日米軍司令部戦史課に勤務した後、電通に入社し、総務部長及び関連会社電通映画社の常務を勤めた。1955年になり、離婚して姓を岩田に復姓している。

敗戦後も一貫して、1945年時には本土決戦をすべきだったと主張していた。

家族親族[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]