桑木崇明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

桑木 崇明(くわき たかあきら、1885年10月22日 - 1945年12月6日)は、日本陸軍軍人。最終階級は陸軍中将

経歴[編集]

本籍石川県。桑木崇台歩兵大佐の三男として広島で生まれる。広島一中広島陸軍地方幼年学校(首席)、中央幼年学校(首席)を経て、1904年(明治37年)10月、陸軍士官学校(16期)(恩賜)を卒業。同年11月、砲兵少尉に任官し野砲兵第14連隊付となる。1905年(明治38年)3月から1906年(明治39年)2月まで日露戦争に出征。1910年(明治43年)11月、陸軍砲工学校普通科(恩賜)高等科(16期)を卒業。さらに、1914年(大正3年)11月、陸軍大学校(26期)を優等で卒業した。

1915年(大正4年)3月、野砲兵第14連隊中隊長となり、同年8月、参謀本部付勤務(ロシア班)に異動。同年9月から1916年(大正5年)3月まで東京外国語学校で夜間にロシア語学習を行う。1916年2月、参謀本部員となり、1917年(大正6年)6月、ロシア駐在に発令されペトログラードウラジオストクオムスクに滞在。1919年(大正8年)1月、参謀本部員に移り、1920年(大正9年)6月、野砲兵第14連隊付に異動。フランス出張、トルコ駐在となる。この間の1920年8月、砲兵少佐に昇進。1921年(大正10年)5月、ギリシャ公使館付武官に転じた。1922年(大正11年)11月、陸大教官に就任し、1925年(大正14年)3月に砲兵中佐1928年(昭和3年)3月、砲兵大佐に進級し野戦重砲兵第2連隊長に着任。

1930年(昭和5年)3月、参謀本部演習課の課長となり、1932年(昭和7年)12月、陸軍少将に昇進し野戦重砲兵第3旅団長に就任。1934年(昭和9年)1月、台湾軍参謀長に異動し、陸軍野戦砲兵学校幹事、参謀本部第1部長を歴任。1936年(昭和11年)8月、陸軍中将に進んだ。1937年(昭和12年)1月、陸軍兵器本廠付となり、第1師団留守司令官を経て、1938年(昭和13年)6月、新設の第110師団長に就任し日中戦争に出征。北京付近の警備に当たるとともに京漢線沿線の治安作戦に従事。1939年(昭和14年)12月、予備役に編入された。

太平洋戦争開戦後、1943年(昭和18年)11月に召集され参謀本部付となり終戦を迎えた。1945年(昭和20年)10月に召集解除された。

著書[編集]

  • 『砲兵小戦術』兵事雑誌社、1909年。
  • 『陸軍五十年史』鱒書房、1943年。

伝記[編集]

  • 桑木崇秀編著『父陸軍中将桑木崇明とその兄達』展転社、2003年。

親族[編集]

  • 兄 桑木崇道(陸軍大佐)・河崎崇義(陸軍大佐)
  • 従兄 桑木厳翼(哲学者)・桑木彧雄(物理学者)

参考文献[編集]

  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 福川秀樹『日本陸軍将官辞典』芙蓉書房出版、2001年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』芙蓉書房出版、1981年。