磯村年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
磯村 年
生誕 1872年11月1日
滋賀県
死没 (1961-09-12) 1961年9月12日(88歳没)
所属組織 大日本帝国陸軍の旗 大日本帝国陸軍
軍歴 1893 - 1928
1937 - 1938
最終階級 陸軍大将
テンプレートを表示

磯村 年(いそむら とし、1872年11月1日明治5年9月30日[1][2][注 1]) - 1961年(昭和36年)9月12日[1][注 2])は、日本陸軍軍人。最終階級は陸軍大将。旧姓・平田。

経歴[編集]

滋賀県士族・平田繁の二男として生まれ、1885年(明治18年)11月に陸軍中佐・磯村惟亮の養嗣子となる[1][3]東京府尋常中学陸軍幼年学校を経て、1893年(明治26年)7月に陸軍士官学校(4期)卒業[1][2][4]。翌年3月、砲兵少尉に任官し野戦砲兵第3連隊付となる[1][4]1900年(明治33年)12月、陸軍大学校(14期)卒業[1][2][4]

日露戦争時に大本営陸軍部参謀として勤務し、第一次世界大戦における通称・青島攻略戦と呼ばれるドイツの要衝・青島へ独立第18師団高級参謀として出撃[2][4]

1918年(大正7年)、陸軍少将に進級[1][4]。1月に広島湾要塞司令官に補職[1][2][4]。その後に野戦砲兵射撃学校長を経て、1921年(大正10年)3月28日、シベリア出兵により、途中、浦塩派遣軍参謀長に就任[1][2][4]1922年(大正11年)8月、陸軍中将に昇進し陸軍砲工学校長となる[1][2][4]。翌年8月、第12師団長に親補され、1926年(大正15年)7月、関東大震災により設けられた東京警備府司令官に就任[1][2][4]1928年(昭和3年)8月10日、陸軍大将に進級と同時に待命、同月29日に予備役編入となる[1][2][4]

1937年(昭和12年)2月17日、二・二六事件の後、ただちに召集され、参謀本部付となる[1]。東京陸軍軍法会議真崎甚三郎裁判における判士長就任[1]1938年(昭和13年)4月、後備役[1]

栄典[編集]

親族[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 明治5年9月は29日までで30日は存在しないため、旧暦10月1日として西暦への換算を行った。1918年刊行『人事興信録』第5版(い132頁)でも明治5年9月30日と記載されている。
  2. ^ 『日本陸軍将官辞典』77頁では昭和40年5月17日、『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』106頁では昭和40年5月7日。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s 『日本陸海軍総合事典』第2版、20頁。
  2. ^ a b c d e f g h i 『日本陸軍将官辞典』77頁。
  3. ^ 『人事興信録』第5版、い132頁。
  4. ^ a b c d e f g h i j 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』106頁。
  5. ^ 『官報』第241号「叙任及辞令」1913年5月21日。
  6. ^ 『官報』第3347号「授爵・叙任及辞令」1923年10月18日。
  7. ^ 『官報』第343号「叙任及辞令」1928年2月22日。

参考文献[編集]

  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 福川秀樹『日本陸軍将官辞典』芙蓉書房出版、2001年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』芙蓉書房出版、1981年。
  • 人事興信所編『人事興信録』第5版、1918年。