高品彪

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
高品 彪
Takeshi Takashina.jpg
生誕 1891年1月25日
大日本帝国の旗 大日本帝国 千葉県
死没 (1944-07-28) 1944年7月28日(53歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 グアム島
所属組織 大日本帝国陸軍の旗 大日本帝国陸軍
軍歴 1913 - 1944
最終階級 帝國陸軍の階級―襟章―中将.svg 陸軍中将
テンプレートを表示

高品 彪(たかしな たけし、1891年1月25日 - 1944年7月28日)は、日本陸軍軍人陸士25期、陸大34期。最終階級は陸軍中将

経歴[編集]

千葉県出身。成東中学校[1]立教中学校(現・立教池袋中学校)を経て、1913年5月、陸軍士官学校(25期)を卒業、同年12月、歩兵少尉に任官し歩兵第66連隊付となる。1922年11月、陸軍大学校(34期)を卒業した。

陸士教官、基隆要塞参謀歩兵第50連隊大隊長、陸軍工兵学校教官、陸士教官、近衛歩兵第4連隊付、留守第16師団参謀、歩兵第3連隊付、高雄要塞司令官歩兵第60連隊長などを歴任し、1940年3月、陸軍少将に進級。

歩兵第27旅団長、第14歩兵団長、独立混成第17旅団長などを経て、1943年10月、陸軍中将となり第29師団長に親補された。1944年、第29師団は遼陽から絶対国防圏内の要衝であるグアム島防衛のため派遣された。グアムの戦いにおいて米軍との激戦を続けたが、7月28日に戦死した。

親族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『九陵百年』p.166

参考文献[編集]

  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 福川秀樹『日本陸軍将官辞典』芙蓉書房出版、2001年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』芙蓉書房出版、1981年。
  • 千葉県立成東高等学校記念誌編纂委員会 『九陵百年』千葉県立成東高等学校、2000年。