松木直亮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
松木 直亮
Naosuke Matsuki.jpg
生誕 1876年11月5日
日本の旗 日本 山口県
死没 (1940-05-22) 1940年5月22日(63歳没)
所属組織 日本陸軍
軍歴 1899 - 1934
最終階級 陸軍大将
テンプレートを表示

松木 直亮(まつき なおすけ、1876年11月5日 - 1940年5月22日)は、日本陸軍軍人。最終階級は陸軍大将

経歴[編集]

山口県出身。松木一郎の長男として生れる。周陽学舎成城学校陸軍幼年学校を経て、1898年11月、陸軍士官学校(10期)を卒業し、翌年6月、陸軍少尉任官。日露戦争では、歩兵第1連隊中隊長として出征し戦傷を受けた。日露戦争のため中退した陸軍大学校に復校し、1907年11月、陸大(19期)を卒業。

参謀本部員兼乃木希典軍事参議官副官ドイツ大使館武官補佐官陸軍歩兵学校教官、陸軍省軍務局課員、陸大教官、歩兵第78連隊長、陸軍省副官などを経て、1923年8月、陸軍少将に進級。台湾第1守備隊司令官陸軍兵器本廠付(作戦資材整備会議幹事長)、陸軍省整備局長を歴任し、1927年12月、陸軍中将に進級し、第14師団長などを歴任。1933年12月、陸軍大将に進み待命、翌年1月に予備役編入となった。二・二六事件発生に伴い、1937年2月、東京陸軍軍法会議判士を命ぜられ、磯村年陸軍大将らと公判を担った。

年譜[編集]

  • 1898年(明治31年)11月 - 陸軍士官学校(10期)卒業
  • 1899年(明治32年)6月 - 歩兵少尉・歩兵第1連隊付
  • 1901年(明治34年)11月 - 歩兵中尉
  • 1902年(明治35年)8月 - 陸軍大学校入校
  • 1904年(明治37年)2月 - 陸軍大学校中退
    • 3月 - 歩兵第1連隊中隊長
    • 4月 - 日露戦争出征
    • 5月 - 歩兵大尉
    • 8月 - 戦傷を受ける。
  • 1906年(明治39年)3月 - 陸軍大学校復校
  • 1907年(明治40年)11月 - 陸軍大学校(19期)卒業
  • 1909年(明治42年)10月 - 歩兵少佐
  • 1910年(明治43年)6月 - ドイツ大使館付武官補佐官
  • 1911年(明治44年)10月 - ドイツ駐在
  • 1913年(大正2年)7月 - 歩兵第13連隊
  • 1915年(大正4年)8月 - 歩兵中佐・歩兵学校教官
  • 1916年(大正5年)4月 - 軍務局課員
  • 1917年(大正6年)5月 - 陸軍大学校教官
  • 1918年(大正7年)7月 - 歩兵大佐・歩兵第78連隊長
  • 1919年(大正8年)1月 - 陸軍省副官
  • 1923年(大正12年)8月 - 陸軍少将・台湾第1守備隊司令官
  • 1925年(大正14年)5月 - 兵器本廠付(作戦資材整備会議幹事長)
  • 1926年(大正15年)10月 - 整備局長
  • 1927年(昭和2年)12月 - 陸軍中将
  • 1929年(昭和4年)8月 - 第14師団長
  • 1933年(昭和8年)8月 - 参謀本部付
    • 12月 - 陸軍大将・待命
  • 1934年(昭和9年)1月 - 予備役
  • 1937年(昭和12年)2月 - 召集・参謀本部付・東京陸軍軍法会議判士
    • 9月 - 召集解除

栄典[編集]

位階
勲章等
外国勲章佩用允許

親族[編集]

  • 妻 松木ツタ 林錬作(陸軍少将)の娘。

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第358号「叙任及辞令」1928年3月10日。
  2. ^ 『官報』第915号「叙任及辞令」1930年1月20日。
  3. ^ 『官報』第2141号「叙任及辞令」1934年2月22日。
  4. ^ 『官報』第1827号「叙任及辞令」1933年2月3日。
  5. ^ 『官報』第2858号・付録「辞令」1922年2月14日。
  6. ^ 『官報』第2129号「叙任及辞令」1934年2月8日。
  7. ^ 『官報』第2900号「叙任及辞令」1936年8月31日。

参考文献[編集]

  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 福川秀樹『日本陸軍将官辞典』芙蓉書房出版、2001年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』芙蓉書房出版、1981年。