田代皖一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
田代皖一郎

田代 皖一郎(たしろ かんいちろう、1881年10月1日 - 1937年7月16日)は、日本陸軍軍人。最終階級は陸軍中将佐賀県出身。陸士15期、陸大25期。

人物[編集]

第一次上海事変終結直前にテロに倒れた派遣軍司令官白川義則大将参謀長として事件を早期に収拾し、その手腕は高く評価された。その後、支那駐屯軍司令官となるが病を得て、司令官の職を香月清司中将に譲り、1937年昭和12年)7月16日に亡くなった。盧溝橋事件が起ったとき、北京武官だった今井武夫陸軍少将は戦後、当時を回想して、「穏健で部下から信望を集めていた田代軍司令官が、危篤状態でなく、健在だったならば、日中戦争にいたらなかったかもしれない。これも天の配剤か」と嘆いている。宋哲元は田代の死に「自分の留守中に死んだ」と嘆いた。

年譜[編集]

栄典[編集]

位階
勲章

参考文献[編集]

  1. ^ 『官報』第2928号「叙任及辞令」1936年10月3日。
  2. ^ 『官報』1937年07月20日 敍任及辭令
  3. ^ 『官報』第2129号「叙任及辞令」1934年2月8日。
  4. ^ 『官報』1937年07月20日 敍任及辭令

関連項目[編集]

外部リンク[編集]