諫山春樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
諫山 春樹
Haruki Isayama.jpg
生誕 1894年2月11日
日本の旗 日本 福岡県
死没 (1990-06-12) 1990年6月12日(96歳没)
所属組織 大日本帝国陸軍の旗 大日本帝国陸軍
軍歴 1915 - 1945
最終階級 陸軍中将
テンプレートを表示

諫山 春樹(いさやま はるき、1894年2月11日 - 1990年6月12日)は、日本陸軍軍人福岡県出身。陸軍中将。第17代台湾軍参謀長、その後第10方面軍参謀長。1945年10月25日国民政府代表との降服式典に台湾総督安藤利吉とともに台湾総督府(日本)代表として出席し、任を終える。

経歴[編集]

官吏・諫山虎鹿の二男として生れる。中学明善校熊本陸軍地方幼年学校中央幼年学校を経て、陸軍士官学校を卒業。1915年12月、陸軍歩兵少尉に任官し歩兵第38連隊付となる。

1925年8月、歩兵第38連隊中隊長となり、参謀本部付勤務、参謀本部員、フランス大使館武官補佐官などを経て、1930年8月、歩兵少佐に昇進。歩兵第24連隊付、参謀本部員などを歴任し、1937年11月、歩兵大佐に進級し参謀本部課長に就任。独立歩兵第11連隊長を経て、1940年8月、陸軍少将に昇進し陸大付となる。1943年10月、陸軍中将に進み、終戦を第10方面軍参謀長として台湾で迎えた。

1946年4月、戦犯容疑により逮捕され、同年7月、終身刑の判決を受けた。1955年9月に仮釈放となった。のち、富士自動車工業専務を務めた。

年表[編集]

関連項目[編集]