中村孝太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
中村孝太郎

中村 孝太郎(なかむら こうたろう、1881年8月28日1947年8月29日)は、日本陸軍軍人。最終階級は陸軍大将林内閣の陸軍大臣。石川県出身。

人物[編集]

金沢一中を経て、陸軍士官学校13期生。同期に建川美次林桂福田袈裟雄三宅光治堀丈夫らがいる。

陸軍大学校21期生。同期に寺内寿一植田謙吉西義一古荘幹郎香椎浩平建川美次林桂らがいる。

日露戦争第一次世界大戦で出征した。

林銑十郎内閣で2月2日に陸軍大臣を務めたが、2月6日に発熱、2月9日に腸チフスと診断され辞任(「身内に結核患者がおり参内の多い大臣の任をはばかったため」という説もあるが、当時国民病とまでいわれた結核患者が身内に一人もいない人間などあまりいなかったであろうということから中公新書ラクレの「歴代陸軍大将全覧」では疑問視されている)。在任期間は8日間のみであった。専任の陸軍大臣としては最短記録。

その後朝鮮軍司令官時代に張鼓峰事件の処理に当たる。

子息は陸将の中村薫正

略歴[編集]

栄典[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第2228号「叙任及辞令」1934年6月7日。


先代:
寺内寿一
陸軍大臣
1937年
次代:
杉山元