歩兵第32連隊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
歩兵第32連隊
創設 1896年
廃止 1945年
所属政体 日本の旗 日本
所属組織 大日本帝国陸軍の旗 大日本帝国陸軍
部隊編制単位 連隊
兵科 歩兵
所在地 秋田 - 山形
通称号/略称 山3475
愛称 霞城連隊
霞城部隊
上級単位 第8師団 - 第2師団 - 第8師団 - 第24師団
最終位置 沖縄県
主な戦歴 日露 - シベリア出兵 - 満州事変 - 日中 - 第二次世界大戦
テンプレートを表示

歩兵第32連隊(ほへいだい32れんたい、歩兵第三十二聯隊)は、大日本帝国陸軍連隊のひとつ。

沿革[編集]

山形県山形市の霞城公園にある歩兵第三十二聯隊之碑
歩兵第三十二聯隊 終焉の地の碑
(沖縄県糸満市地図
  • 1896年(明治29年)4月、編成を終え、秋田に連隊本部を設置
  • 1897年(明治30年)、第8師団の隷下に入る
  • 1898年(明治31年)3月24日、軍旗拝受
  • 1904年(明治37年)、日露戦争に従軍
    • 日露戦争後、秋田から山形城(雅名は霞城)へ転営する
  • 1931年(昭和6年)9月、満州事変勃発、1個大隊程度の派遣にとどまる
  • 1937年(昭和12年)10月6日、満州駐剳
  • 1939年(昭和14年)10月、第8師団から第24師団に所属変更[1]。同時に、本連隊の徴募区が山形県から北海道に変更された[1]
  • 1944年(昭和19年)
    • 3月、1個大隊がサイパン島に派遣
    • 7月8日、連隊主力に出動命令が下る
    • 8月1日、沖縄行きを知らされる
  • 1945年(昭和20年)
    • 第32軍司令部消滅後は、国吉台(現、沖縄県糸満市)に所在する洞窟で過ごす
    • 8月22日、アメリカ軍軍使と接触
    • 8月23日、生存将兵約50名が敬礼する中、軍旗奉焼

歴代連隊長[編集]

歴代の連隊長
(特記ない限り陸軍大佐
氏名 在任期間 備考
1 岩元貞英 1896.9.25 - 1899.2.7 中佐
2 安村範雄 1899.2.7 - 1902.9.30 中佐、1900.10.大佐
3 森川武 1902.9.30 - 中佐、1905.3.大佐
4 高山公通 1905.3.12 - 少佐(心得)
5 山本延身 1905.6.17 -
6 森川武 1906.3.28 -
7 岡沢慶三郎 1908.12.21 - 1912.12.10 中佐、大佐昇進
8 柴豊彦 1912.12.10 - 1916.8.18
9 大川盛行 1916.8.18 -
10 山田留太郎 1920.8.10 - 1922.8.15[2]
11 宮地太郎 1922.8.15 - 1924.12.15[3]
12 倉茂三蔵 1924.12.15 -
13 堀之内直 1927.3.5 -
14 佐藤正三郎 1930.8.1 -
15 田中清一 1932.10.27 -
16 阿部規秀 1935.8.1[4] -
17 山本源右ヱ門 1937.8.2 -
18 野地嘉平 1938.7.15 -
19 川村脩 1941.2.10 -
20 泉可畏翁 1942.4.1 -
北郷格郎 1944.3.1 -

脚注[編集]

  1. ^ a b 笹 2015, 位置No. 262/343, 第一章 若き戦術家-ノモンハン事件の教訓
  2. ^ 『官報』第3013号、大正11年8月16日。
  3. ^ 『官報』第3696号、大正13年12月16日。
  4. ^ 『官報』第2575号、昭和10年8月2日。

参考文献[編集]

  • 『日本陸軍連隊総覧 歩兵編(別冊歴史読本)』新人物往来社、1990年。
  • 近藤侃一『最後の連隊』第二書房,1962年
  • 笹幸恵 『沖縄戦 二十四歳の大隊長 陸軍大尉 伊藤孝一の戦い(Amazon Kindle版 Version1.0)』 学研パブリッシング、2015年。 
  • 外山操・森松俊夫編著『帝国陸軍編制総覧』芙蓉書房出版、1987年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』芙蓉書房出版、1981年。
  • 原 剛『明治期国土防衛史』錦正社、2002年。
  • 秦郁彦 編著 『日本陸海軍総合事典』 (第2版) 東京大学出版会、2005年。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]