コンテンツにスキップ

角田政之助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
角田 政之助
生誕 1882年10月18日
日本の旗 日本群馬県
死没 (1974-01-24) 1974年1月24日(91歳没)
所属組織  大日本帝国陸軍
軍歴 1902年 - 1931年
最終階級 陸軍少将
テンプレートを表示

角田 政之助(つのだ まさのすけ、1882年明治15年)10月18日 - 1974年昭和49年)1月24日)は、日本陸軍軍人。最終階級は陸軍少将

経歴[編集]

群馬県出身。群馬県尋常中学校利根分校を経て、1902年(明治35年)11月、陸軍士官学校(14期)を卒業。1903年(明治36年)6月、歩兵少尉に任官。1910年(明治43年)11月、陸軍大学校(22期)を優等で卒業した。陸大同期には畑俊六杉山元元帥小磯國昭二宮治重らがいる。

インド駐箚武官参謀本部欧米課英国班長などを経て、1923年大正12年)8月、歩兵大佐に昇進し歩兵第79連隊長に就任。1925年(大正14年)5月、教育総監部第2課長を経て、1929年(昭和4年)8月、陸軍少将に進み歩兵第28旅団長に就任。同職を2年勤めたのち1931年(昭和6年)8月、予備役に編入される。1947年(昭和22年)11月28日、公職追放仮指定を受けた[1]

1974年(昭和49年)1月24日に死去。満91歳没。

栄典[編集]

勲章等

脚注[編集]

  1. ^ 総理庁官房監査課編『公職追放に関する覚書該当者名簿』日比谷政経会、1949年、「昭和二十二年十一月二十八日 仮指定者」164頁。
  2. ^ 『官報』第4438号・付録「辞令二」1941年10月23日。

参考文献[編集]