加藤義秀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

加藤 義秀(かとう よしひで、1901年明治34年)1月2日[1] - 没年不明)は、大日本帝国陸軍軍人。最終階級は陸軍少将

経歴[編集]

北海道出身[1][2]1921年(大正10年)7月、陸軍士官学校第33期卒業[3]1930年(昭和5年)陸軍大学校第42期卒業[4]

フィンランド駐在武官、スウェーデン駐在武官、関東軍参謀、陸軍省兵務局防衛課高級課員を経て、1941年(昭和16年)7月、防衛総司令部参謀に補され、翌8月、陸軍大佐に進む[2]。ついで、1945年(昭和20年)6月1日、第53軍参謀長となり、同月30日、陸軍少将に進んだ[1][2]済州島の守備に当たる中終戦を迎えた[1]

著作[編集]

  • 『現下の世界戦争と国土防衛』丹青書房、1943年。
  • 『我等は斯くして皇土を衛らん』文松堂、1944年。
  • 『幹部教育の実施法に就て』大日本防空協会、1945年。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d 福川 2001, 217頁.
  2. ^ a b c 外山 1981, 447頁.
  3. ^ 外山 1981, 446頁.
  4. ^ 外山 1981, 付録第一27頁.

参考文献[編集]

  • 外山操 編 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』 芙蓉書房出版、1981年。ISBN 4829500026 
  • 福川秀樹 編著 『日本陸軍将官辞典』 芙蓉書房出版、2001年。ISBN 4829502738