宮下健一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
宮下 健一郎
生誕 1892年3月17日
日本の旗 日本 愛媛県
死没 (1959-05-04) 1959年5月4日(67歳没)
所属組織 日本陸軍
軍歴 1915 - 1945
最終階級 陸軍中将
テンプレートを表示

宮下 健一郎(みやした けんいちろう、1892年(明治25年)3月17日 - 1959年(昭和34年)5月4日)は、日本陸軍軍人。最終階級は陸軍中将

経歴[編集]

1892年(明治25年)、宮下民雄の長男として山形県米沢市に生まれる。1915年(大正4年)5月、陸軍士官学校(27期)を卒業。1927年(昭和2年)12月、陸軍大学校(39期)を卒業した。

1938年(昭和13年)、陸軍歩兵大佐に昇進。1941年(昭和16年)、陸軍少将に進級。1943年(昭和18年)6月、第32歩兵団長に就任し太平洋戦争に出征、中国で従軍した。独立歩兵第1旅団長、第1国境守備隊長を経て、1945年(昭和20年)3月、陸軍中将に進み、翌月、第157師団長に着任し、青森県三本木(現在の十和田市)で本土決戦に備えたが、交戦することなく終戦を迎えた。

栄典[編集]

親族[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『官報』第5654号「叙任及辞令」1945年11月15日。

参考文献[編集]

  • 福川秀樹『日本陸軍将官辞典』芙蓉書房出版、2001年。