中井良太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

中井 良太郎(なかい りょうたろう、1887年2月4日 - 1953年12月13日)は、日本陸軍軍人。最終階級は陸軍中将

経歴[編集]

三重県出身。農業・中井秀蔵の養嗣子となる。大阪陸軍地方幼年学校中央幼年学校を経て、1908年(明治41年)5月、陸軍士官学校(20期)を卒業。同年12月、歩兵少尉に任官し歩兵第4連隊付となった。1916年(大正5年)11月、陸軍大学校(28期)を卒業した。

陸軍省軍務局付勤務、軍務局課員、陸軍兵器本廠付、歩兵第21連隊大隊長などを歴任。1928年(昭和3年)12月から陸大専攻学生となる。翌年12月、人事局付となり、人事局課員などを務めた。

1931年(昭和6年)8月、歩兵大佐に昇進し人事局恩賞課長に就任。歩兵第15連隊長を経て、1936年(昭和11年)8月、陸軍少将に進級。歩兵第14旅団長東部防衛参謀長を歴任。1939年(昭和14年)3月、陸軍中将に昇進し東部防衛司令部付となる。

1939年5月、第106師団長に就任し日中戦争に出征。贛湘作戦などに参戦。その後、汕頭方面での掃討作戦に参加した。この作戦を最後に第106師団は1940年(昭和15年)3月9日復員し待命となり、同年4月、予備役に編入された。

栄典[編集]

著書[編集]

  • 『兵役法要義 前編』川流堂小林又七、1922年。
  • 『軍制学大意 - 陸軍篇』兵書出版社、1926年。
  • 『戦闘一般の要領 - 中等学校軍事講話』織田書店、1927年。
  • 『通俗逐条講話兵役法詳解』織田書店、1928年。
  • 『兵役法綱要 - 附・徴発令大要』松華堂書店、1928年。
  • 『心の維新 - 臣道講話』明治図書、1941年。
  • 『日本古戦史の真価』洛陽書院、1941年。
  • 『史考大東亜戦争』二見書房、1942年。
  • 『戦争史観の断片』二見書房、1942年。
  • 『長期戦の国史考』国民新聞社出版部、1942年。
  • 『兵理より観たる産業戦の指導原理』長尾出版報国会、1943年。
  • 『将帥論』ダイヤモンド社、1943年。
  • 『戦略的に観た織豊戦史』電通出版部、1943年。
  • 『思想決戦 - 適思想侵攻とその撃砕』鳴玄社、1944年。
  • 『吾等の世界観』泰文堂、1944年。

親族[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『官報』第2858号・付録「辞令」1922年2月14日。

参考文献[編集]

  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 福川秀樹『日本陸軍将官辞典』芙蓉書房出版、2001年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』芙蓉書房出版、1981年。