手塚省三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

手塚 省三(てづか しょうぞう、1886年明治19年)3月30日[1] - 1956年昭和31年)1月19日[1])は、日本の陸軍軍人。最終階級は陸軍少将。満州国立大学哈爾濱学院院長。宮司。

来歴・人物[編集]

福岡県に生まれる[2]福岡県立中学修猷館[3]を経て、1907年陸軍士官学校(第19期)、1916年陸軍大学校(第28期)卒業[2]

参謀本部部員、東京府豊島師範学校配属将校慶應義塾大学配属将校、陸軍士官学校戦術学部長、甲府連隊区司令官、佐世保要塞司令官、壱岐要塞司令官を歴任し、1936年陸軍少将に累進[2]1937年8月2日に待命、同月22日、予備役に編入[1][4]。同年9月11日、日中戦争に応召し第10軍第18師団の歩兵第35旅団長として参戦[1][4]杭州湾に敵前上陸し、1937年11月9日、嘉善付近の戦闘で戦傷を受けた[1][4]

1939年満州国立大学哈爾濱学院教授に就任し、同学院長に進み1943年退任[2]

戦後は福岡縣護國神社宮司を務めている[5]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 『日本陸軍将官辞典』484頁。
  2. ^ a b c d 『人事興信録第14版 下巻』テ之部二
  3. ^ 『修猷館同窓会名簿 修猷館230年記念』同窓会員5頁。
  4. ^ a b c 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』244-245頁。
  5. ^ 『ふるさと人物記』159頁。

参考文献[編集]

  • 福川秀樹『日本陸軍将官辞典』芙蓉書房出版、2001年。
  • 『人事興信録第14版 下巻』人事興信所、1943年。
  • 『修猷館同窓会名簿 修猷館230年記念』修猷館同窓会、2015年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』芙蓉書房出版、1981年。
  • 『ふるさと人物記』夕刊フクニチ新聞社、1956年。