安井藤治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
安井 藤治
やすい とうじ
Touji Yasui.jpg
生誕 1885年10月11日
日本の旗 日本富山県
死没 (1970-07-08) 1970年7月8日(84歳没)
所属組織 大日本帝国陸軍の旗 大日本帝国陸軍
軍歴 1905 - 1941
最終階級 Japan-army-1938-1945 16-1-.gif 中将
除隊後 国務大臣(無任所)
テンプレートを表示

安井 藤治(やすい とうじ、1885年10月11日1970年7月8日)は、明治昭和陸軍軍人、政治家。従三位勲一等。陸軍中将まで昇った後、鈴木貫太郎内閣国務大臣(無任所)を務めた。

経歴[編集]

富山県出身。商業・安井藤蔵の長男として生れる。富山中学校名古屋陸軍地方幼年学校中央幼年学校を経て、1905年11月、陸軍士官学校(第18期)920名中を首席卒業。翌年6月、歩兵少尉に任官し歩兵第35連隊付となる。1913年11月、陸軍大学校(第25期)を優等で卒業。

1916年軍務局課員となり、1919年から5年間にわたって第1次世界大戦終結後の停戦監視のため平和条約実施委員として東欧に派遣された。1926年整備局動員課高級課員、1929年には陸軍歩兵大佐に進級し、整備局動員課長となる。その後1931年に近衛歩兵第2聯隊長、1933年参謀本部戦史課長を歴任。翌年には陸軍少将に進み歩兵第29旅団長を拝命する。 1935年には東部防衛参謀長(兼)東京警備参謀長となり、翌年の二・二六事件に遭遇。香椎浩平戒厳司令官のもと、戒厳司令部参謀長となり事件の鎮定に尽力する。

事件に当たり、川島義之陸相が軍事参議官と協議のうえ作成した、いわゆる「陸軍大臣告示」を宮中の香椎から電話で伝えられ、第1師団長、近衛師団長に印刷送付する。その後、告示中の「諸子の行動は国体明徴の至情に基くものと認む」が「「諸子の真意は・・・」に、いずれの時点か差し代わり、これが正規のものとされて紛議を招いたことで知られている。

1937年に陸軍中将に進み、第5独立守備隊司令官となる。 1938年第2師団長、1939年第6軍司令官を歴任後、1941年予備役編入。1942年東京市翼賛壮年団長を務め、1945年の鈴木内閣では無任所国務大臣として入閣した。

戦後、公職追放となった[1]

年譜[編集]

  • 1905年(明治38年)11月25日 - 陸軍士官学校卒業(第18期)
  • 1906年(明治39年)6月26日 - 陸軍歩兵少尉
  • 1910年(明治43年)12月12日 - 陸軍大学校入校
  • 1913年(大正2年)11月26日 - 陸軍大学校卒業
  • 1926年(大正15年)10月1日 - 陸軍省整備局動員課高級課員
  • 1929年(昭和4年)8月1日 - 陸軍歩兵大佐・陸軍省整備局動員課長
  • 1931年(昭和6年)8月1日 - 近衛歩兵第2聯隊長
  • 1933年(昭和8年)8月1日 - 参謀本部戦史課長
  • 1934年(昭和9年)3月5日 - 陸軍少将・歩兵第29旅団長
  • 1935年(昭和10年)8月1日 - 東部防衛参謀長東京警備参謀長
  • 1937年(昭和12年)8月2日 - 陸軍中将・第5独立守備隊司令官
  • 1938年(昭和13年)6月23日 - 第2師団長
  • 1939年(昭和14年)11月6日 - 第6軍司令官
  • 1941年(昭和16年)
    • 10月15日 - 待命
    • 12月2日 - 予備役
  • 1945年(昭和20年)4月11日 - 国務大臣(鈴木貫太郎内閣)

エピソード[編集]

鈴木内閣で陸軍大臣を務めた阿南惟幾とは陸士同期であり、和平へ進む鈴木内閣と本土決戦を叫ぶ陸軍中堅幹部の板挟みとなって苦心する阿南を心配し、「お前のように苦労する陸相は他にないな」とねぎらっていたという。

栄典[編集]

家族[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 総理庁官房監査課編 『公職追放に関する覚書該当者名簿』 日比谷政経会、1949年193頁。NDLJP:1276156 
  2. ^ 『官報』第4008号、昭和15年5月20日

参考文献[編集]