鈴木敬司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
鈴木 敬司
Keiji Suzuki.jpg
鈴木敬司大佐
生誕 1897年2月6日
日本の旗 日本 静岡県
死没 (1967-09-20) 1967年9月20日(満70歳没)
所属組織 日本陸軍
軍歴 1918 - 1945
最終階級 陸軍少将
テンプレートを表示

鈴木 敬司(すずき けいじ、1897年明治30年)2月6日 - 1967年昭和42年)9月20日)は、日本陸軍軍人。最終階級は陸軍少将。1941年から1942年にかけて存在した、ビルマ(現在のミャンマー)の独立運動の支援を任務とする、日本軍特務機関南機関」の機関長。

経歴[編集]

静岡県出身。鈴木房蔵の長男として生まれる。浜松中学校(現在の静岡県立浜松北高等学校)を経て、1918年大正7年)5月、陸軍士官学校(30期)を卒業。同年12月、歩兵少尉に任官し近衛歩兵第4連隊付となる。1929年昭和4年)11月、陸軍大学校(41期)を卒業し、翌月、近衛歩兵第4連隊中隊長に就任。

1931年(昭和6年)3月、参謀本部付勤務となる。以後、参謀本部員、参謀本部付仰付(フィリピン潜入)を務める。1933年(昭和8年)8月、歩兵少佐に昇進。陸大教官を経て、1937年(昭和12年)8月、歩兵中佐に進級し参謀本部員に就任。1939年(昭和14年)1月、大本営第10課長を兼務し、同年8月、歩兵大佐に昇進。同年12月、参謀本部付として蘭印駐在となった。

1940年(昭和15年)6月から10月まで、「南益世」名でビルマに出張した。1941年(昭和16年)2月、南機関長となりバンコクに駐在し、同年11月、南方軍総司令部付としてビルマ工作に従事。1942年(昭和17年)6月、留守近衛師団司令部付に発令され、翌月、ラングーンを離れた。同年8月、第7師団参謀長に就任。

1943年(昭和18年)6月、陸軍運輸部付(東京出張所長)となる。同年8月、陸軍少将に進級。以後、第2船舶輸送地区隊長、第27軍参謀長を歴任。1945年(昭和20年)2月、第5船舶輸送司令官に就任。同年4月、札幌地区鉄道司令官を兼務し終戦を迎えた。同年12月、予備役に編入された。敗戦後、英軍からBC級戦犯に指定され、ビルマに連行されたが、アウンサン将軍の抗議により釈放された。

ミャンマー政府は1981年4月、ミャンマー独立に貢献した鈴木ら旧日本軍人7人に、国家最高の栄誉「アウンサン・タゴン(=アウン・サンの旗)勲章」を授与している[1]

脚注[編集]

  1. ^ 藤井厳喜「教科書が教えない歴史 ミャンマー、インドネシア独立に尽力した日本人に勲章」 夕刊フジ 2014年2月26日

参考文献[編集]

外部リンク[編集]